PC-8800時代の名作「天下統一」についてレビュー

天下統一 マップ
少しゲームも落ち着いてきたし、時々懐かしいゲームのレビューやらなんやらを書いていこうと思う。
なにしろゲーム仙人じゃからな。
そいうわけで、昔わくわくしてプレイした天下統一について書いてみたい。






このゲームが初めて発売されたのは、今調べてみると1980年代後半じゃ。
この時代、まだSLGは非常に硬派で敷居の高いゲームという印象じゃった。
光栄(今のコーエーテクモ)が信長の野望・全国版や信長の野望・戦国群雄伝を発売した頃で、まじめな大人が「経営の勉強になる」と真面目な顔をして購入していたし、経済誌で特集されていたような記憶がある。

戦国群雄伝は、武将の顔が表示され、全作の全国版より非常にとっつきやすくなった良ゲーだと思う。
悪く言えば、よりゲームになったと言えるじゃろう。
今思えば、この後のコーエーの歴史キャラゲーの方向性は、この頃から始まったといえるじゃろう。

その点、天下統一は硬派じゃった。
武将の顔は一切表示されず、いわば駒という扱いでしかない。
能力はあるが絶対的なモノではなく、例え倍の兵力を持った弱い武将に強い武将が勝つのは難しい。
そういう硬派な感じが当時のSLGマニアに受けたのか、当時は信長の野望と並び称される戦国SLGじゃった。

天下統一 ロゴ
特徴的じゃったのは、一国を複数の城で表現したこと。
当時は信長の野望を始め、一国を一つのマップで表現し、一度の戦闘でその国をとりあうというのが普通じゃったので、これは結構衝撃的じゃった。

天下統一 合戦
戦闘もシンプルで最大6部隊が戦う。
直接戦えるのは3部隊のみで、残りは別働隊として奇襲するか、控え部隊として待機するしかない。
戦闘がシンプルでとれる行動が少ないため、COMとの差がでにくく、このためCOMが非常に手ごわかった。

【総評 90点※思い出補正あり】
天下統一の醍醐味はなんといっても手ごわいCOMとの勢力争いによる緊張感。
油断していると熟練のプレイヤーでもあっという間に敵勢力に飲み込まれてしまう。
上手くのしあがって、天下を半分まで手中に収めたころには、大抵同程度の大勢力が登場しており、天下分け目の戦いが始まるという熱い展開じゃ。
ちなみに当時のワシはパソコンを買えるような身分では無かった(当時のPCは非常に高額で、どこの家にでもあるようなものではなかった)ので、メガドライブの「乱世の覇者」という移植作をプレイしておった。
これは処理能力が遅いせいか敵のターンが5分以上かかるというしろものじゃった。
待ち時間は本を読んだりして、それでも必死にプレイしたのはいい思い出じゃ。

その後、天下統一シリーズは続編を出し続けたが、結局この緊張感を作り出すことは出来なかった。
続編とういことで新システムを導入したりと、割とリアリティ志向の進化を続けたが、システムが複雑でCOMルーチンが追いついてこず、システムを把握した人間プレイヤーの対抗馬になれなかったのが、最大の原因と思われる。

amzonでセレクション2000 第3弾 復刻版 天下統一の評価を見る


【おすすめの天下統一シリーズ】

わりと不評な天下統一シリーズの続編じゃが、さすがに復刻版は古すぎる、もう少しマシなのは無いのか、という人のために、続編でも評価が高いものを紹介しておくぞ。
なお、古いゲームなので対応OSなどは自己責任で確認してくれ。

天下統一 -相剋の果て

楽市楽座システムや軍団制などを取り入れた新しい天下統一。
この辺りまでは、まだプレイに耐えうるゲームだった。
まあ、初代のような緊張感はこのころから消えつつあったが、操作性の良さや、画面のみやすさなど見るべきところもあったし、城を一つ一つ落としていく感じは楽しかった。

天下統一ADVANCE

天下統一のグラフィックやシステムを改善した良作。
今やるならこちらのほうがいいかも。
安くで売ってるしね。

これ以外にも美少女ゲームながら戦極姫シリーズは、天下統一のシステムを導入したエロゲー。
硬派な天下統一のシステムにキャラ優先のエロゲーという食い合わせのわるいシリーズながら、なかなか好評をはくしているようで、シリーズ化されているぞ。
かくいうワシもプレイしているし、結構好きじゃ。
こちらもいずれ紹介したいと思うぞ。
関連記事

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.