信長の野望・創造 with パワーアップキット 紹介&攻略03

現れたのが明智光秀 信長の野望・創造 with パワーアップキット
その義昭の使者として信長の前に現れたのが明智光秀じゃ。
光秀が家来になり、戦国伝「上洛」がスタート。
観音寺城の攻略が目標となるが、まずは美濃の平定を優先するぞ。
まだ斎藤家の残党も残っておるしのう。





戦国伝「三顧の礼」 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年2月
戦国伝「三顧の礼」が発生。
竹中半兵衛を登用出来ればクリアじゃ。

一回目の登用 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年3月
一回目の登用を行い、三顧の礼が進行中。
13歳ながらなかなかハッキリものを言う奴じゃ。

2回目の登用 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年4月
2回目の登用。
まだ家臣にならない。
まあ三顧の礼というぐらいじゃから、3回かかるのは読める展開ではあるが。

竹中半兵衛 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年5月
3回目の登用。
無事、竹中半兵衛を登用し、戦国伝「三顧の礼」もクリアじゃ。
木下秀吉が特性「人たらし」を獲得。
13歳ながら、多士済々の織田家でもいきなりエース級の能力じゃ。
さすがに登用するだけのイベントがあるだけのことはあるのじゃ。
主義も「創造」であるため、イベントの言動とは違って、実は信長との相性もバツグンなのじゃ。

斎藤家から従属の申し入れ 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年6月
斎藤家から従属の申し入れがあった。
じゃが、滅ぼして人材を確保したいのでここは拒否じゃ。



急に斎藤家を叩き潰す 信長の野望・創造 with パワーアップキット
兵糧収入まで戦は待つ予定じゃったが、織田家に従属を申し入れたと言うことは、他家に従属する可能性もあると判断し、早急に斎藤家を叩き潰すことに決定。
武田や上杉あたりに従属されては話がややこしくなるでな。

斉藤利三 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年10月
斎藤家を滅ぼして旧臣を吸収。
斉藤利三は戦闘要員としてなかなか優秀。
部隊が城ごとに1部隊出撃する今作のシステムでは、中途半端な戦馬鹿も使い道があるのじゃ。

玄以さん 信長の野望・創造 with パワーアップキット
こちらの玄以さんは内政要員。
内政要員も何人でも欲しいぞ。

「上洛」についての戦略 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年11月
さて、斎藤家も倒したので、次の戦国伝「上洛」についての戦略を考えたい。
最初の目標となる観音寺城はここ。
南近江にあるわけじゃが、ここに到達するには同盟国・北近江の浅井家の領地を通るか、南の伊勢を通る必要がある。
ゲームシステム上、同盟国の領土を通っても問題ないわけではあるが、外交関係がこじれると、領土が分断されるという危険性もあるわけじゃ。

外交関係 信長の野望・創造 with パワーアップキット
次に外交関係。
現在織田家を「敵視」しているのは甲斐・武田家、伊勢・北畠家、越前・朝倉家、加賀・本願寺、駿河・今川家。
このうち今川家は徳川家が盾になっているので、とりあえず問題なし。
本願寺は、長島城を奪った時からの敵対関係じゃが、これも領土は接していないので、問題なし。
美濃攻略の途中で、徳川家が美濃の東側の岩村城と苗木城を獲ってしまった都合で、武田家とは美濃北部だけの隣接じゃが、一応隣接には違いない。
朝倉家は美濃北部で領土を接している。
北畠家は尾張の西部で隣接している。
上洛するには西進する必要があるが、ここは敵対している北畠家は滅ぼしておいたほうが良さそうじゃ。
どのみち敵対しておるわけじゃからな。
ちなみに画像の外交情報は、情報一覧の「勢力」から見れるぞ。





武田家は総兵力26000 信長の野望・創造 with パワーアップキット
武田家は総兵力26000。
朝倉家は13000。
北畠家は3000。
織田家全軍が現在35000程度なので、いっぺんに相手しなければ、処理しきれるはずじゃ。
というわけで、美濃の兵力は武田・朝倉の抑えとしておいておき、尾張の兵で伊勢・北畠家を攻略することとしたぞ。
尾張だけでも合わせれば兵力20000程度。
北畠家はどの大名家とも同盟関係にないため、瞬殺できるはずじゃ。

北畠家を滅ぼす 信長の野望・創造 with パワーアップキット
というわけで、尾張全軍をまずは前線の伊勢・長島城に集合させるぞ。
そのまま北畠家を滅ぼすのじゃ。

伊勢に乱入 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1556年12月
伊勢に乱入。
実力差があり過ぎて、一城ずつ潰していく必要もない。
亀山城と長野城の両方を同時攻撃じゃ。

忠誠が赤い人が多い 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1557年2月
伊勢・北畠家を滅ぼし、家臣団も吸収。
一気に家臣が増えたため、忠誠が赤い人が多いのう。
今作では忠誠を上げる手段が乏しいので、ある程度はどうしようもないわけじゃが。

三木家が従属 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1557年2月
飛騨の三木家が従属を申し入れてきた。
確認すると、武田家に攻めまくられて、滅亡寸前じゃ。
上洛を目指す織田家としては、東の飛騨はとりあえずどうでもいいわけじゃが、とりあえず受け入れて、武田家に対する壁になってもらうとするか。





武田家が飛騨と北信濃に進出 信長の野望・創造 with パワーアップキット
ここでマップを確認。
武田家が飛騨と北信濃に進出しているのが分かる。
兵力は2万8000程度まで増えているが、史実と同じく、越後の長尾家とのにらみ合い状態にあるようじゃ。
長尾家の牽制がある限り、そう簡単に攻め込んでは来れないはず。
それにいざとなれば浅井・松平といった同盟国に援軍も頼める。
というわけで、このまま西進していきたいと思うぞ。

観音寺城攻略 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1557年9月
兵糧収入を待って、いよいよ戦国伝「上洛」の目標である観音寺城攻略を目指すぞ。
観音寺城を支配する六角家は、南近江と伊賀の2国を支配しているが、その兵力は1万ほどに過ぎない。
武田家と朝倉家の抑えの為に、美濃の兵力は動かさないにしても、尾張と伊勢の軍は全軍で攻撃出来る。
ということで、既に国境に移動させていた攻撃軍3万1000が一気に六角領になだれこむ。
複数の拠点への一斉攻撃は、各戦場での兵力は手薄になるが、敵は多方面に兵力を割かねばならず、兵力差がついている場面においては、現実的には打つ手なしということになるのじゃ。
それにゲームシステム的に、一つの街道で戦うことになる部隊は3~4部隊程度なので、後詰が必要ない場合は、一斉攻撃の方が有効でもあるのじゃ。

前田利家とまつの婚姻 信長の野望・創造 with パワーアップキット
1557年1月
前田利家とまつの婚姻イベントが発生。
更に目的の観音寺城を攻略したぞ。
特にイベントはなく、新たな二条御所の支配が目的として追加された。

三好家の総兵力は5万5000 信長の野望・創造 with パワーアップキット
二条御所を支配するのは三好家。
当然、二条御所を攻めれば、三好家と戦と言うことになる。
三好家の総兵力は5万5000。
現在、織田家の総兵力が4万8000であるから、織田家にとって、初めて自国より強い敵との戦いと言うことになりそうじゃ。
武将の質などを考えれば、勝てない相手ではないわけじゃが、敵対している他の大名家に漁夫の利を得られる可能性もあるわけで、ガムシャラに攻めるのはリスクが高すぎる気もするのう。

【レビューサイト】
信長の野望・創造 with パワーアップキットのレビューへのリンクです。
mk2で評価を見る
amzonで評価を見る
楽天で評価を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.