ラストサマナー 攻略&紹介&評価 プレイ日記1回目

ラストサマナー
ブラウザゲームの特性して、無課金でプレイする場合、延々とプレイ出来ないということがある。
いわゆるスタミナシステムで制限しているためで、この制限をクリアするためには、課金することになることが多いわけで、メーカーとしては一つの収入源ということのようだ。
しかし、そもそも意味があるんだろうか?と思ったり。
よほどハマらない限り、別のことで時間を経過させればいいわけだからね。
まあ中にはハマってハマって仕方なくって、課金するっていう層がいるということだろうか?
個人的にはこの部分に課金する気にはどうしてもならない。
そんなわけで、ゲーマーの私は、ゲームの待ち時間をゲームで過ごすので、ブラウザゲームやアプリ系のゲームをするときには、かならず2つ3つ同時進行することにしています。
まあ、たぶん、ゲーマーなら普通のことですよね。
というわけで、バニッシュメント・デイを進めながら、もう一つのオススメゲーム、ラストサマナーを紹介していきます。
ちなみに現在はビギナー応援の為、しばらくスタミナが無くならないキャンペーンをしているみたいなので、結構長時間プレイできる。





【チュートリアル】
チュートリアル ラストサマナー
最初からということで、チュートリアルがあります。
ゲームの流れは、ここでだいたい分かります。

【編成】
編成 ラストサマナー
バトルは3ユニットで一小隊を編制し、3小隊がローテーションしながら戦うことになる。
ゲームを始めたばかりで計9人の一軍枠も埋まっていないが、まずはこれを揃えるのが目標です。

【キャラクター】
キャラクター ラストサマナー
キャラクターはすべて歴史上の偉人がモチーフになっている。
画像はチュートリアルクリアの特典で貰った虎姫だが、武田信玄がモチーフ。
日本史だけでなく、世界史の有名人たちが美少女として登場するわけだ。
キャラクターには職種が設定されてあり、ブレイド・マジック・ショットの三種類のどれかに分類される。

【戦闘シーン】
戦闘シーン ラストサマナー
左に敵、右に味方が表示される。
戦闘の指示は必ず上の味方から順に行われ、下のマークを選択する。
下のマークが職種に適合したものだと、攻撃力があがり、バースト攻撃に必要な値も早くたまるので、基本は出来るだけ同じ職種のマークを選ぶのがいいというわけだ。
適合するマークの上にはMATCHと表示されるので、迷うことはないはず。
運の要素も大きいが、頭を使う必要もあり、そしてテンポもいい。
なかなかいい戦闘システムだと思う。

【キャラ育成】
キャラ育成 ラストサマナー
キャラの育成は合成タイプ。
キャラクター自体を合成素材にすることもできるが、合成専用のモンスターみたいなのがゴロゴロ拾えるので、基本はそれでレベルを上げていくわけだ。
ただし、すぐにレベルを上げない方がいい。
各戦場には三つのトライアルが用意されていて、その中に「バーストフィニッシュ」というのがあるからだ。
これは、強力な必殺技であるバースト攻撃で敵のとどめを刺してクリアするということなわけだけど、これが意外と難しい。
バースト攻撃をするには、バーストの値を蓄積させる必要があるのだけど、この値を溜めるには「職種にあったマークで攻撃する」ことが基本となる。
このため、こちらが強すぎると、敵を早く倒してしまいすぎて、最後の敵と戦う時もバーストの値が溜まっていないなんてことになりがちなのだ。
戦っていて、攻略が厳しくなって時に随時レベルアップさせるといった調整が必要。



【好感度】
好感度 ラストサマナー
戦闘に参加させるとキャラクターの好感度が上がっていくが、これは各小隊の小隊長のみ。
好感度を上げたいキャラは小隊長にしておく必要がある。
ただしバーストフィニッシュをクリアするためにも、小隊長は強力なキャラが相応しいことは覚えておくといい。

【装備の生産】
装備の生産 ラストサマナー
装備の生産という要素もある。
バトルで拾った素材を使って武器・防具・アクセサリを作れるのだ。
最初は簡単に集まる素材で作れるので、まずは一軍部隊全員の装備を作ることを目指そう。
初期に生産出来る装備は最弱のものだが、もっといい装備を作れにはレシピを手に入れる必要がある。
レシピはアリーナで戦って手に入れることが出来る。
ところで装備品の生産に行くのが少しややこしい。
ホーム画面の「装備」を選択すると、キャラに装備させる画面になるが、ここの右上の「Menu」を選ぶと生産画面に行けます。

【バーストフィニッシュ】
バーストフィニッシュ ラストサマナー
現在、最強のバースト攻撃を出せるは虎姫。
幻影協奏曲でバーストフィニシュを狙えば達成しやすい。
ただし時々「バーストを使わずクリア」というトライアルが混ざっているので注意。
まあ、再度挑戦すればいいだけの話なんだけどね。

【ゆめおくり】
ゆめおくり ラストサマナー
現在実施中のイベント「ゆめおくり」によってSR浴衣美人リンファをゲット。
まあ、コストが高すぎてしばらく部隊に入れれそうもないけどね。
※このイベントは既に終了しています。

【フリーズ】
フリーズ ラストサマナー
ところで戦闘開始に度々フリーズする。
こちらの環境のせいかと思って、ネットで調べてみたら、同じ現象が結構起きてるみたいですね。
これは何とかしてほしいなぁ。
※ブラウザをChromeに変更してみると多少頻度が減る気がします。
 しなくなるわけではありませんけどね。





【限界突破に注意】
限界突破に注意 ラストサマナー
かなり分かりにくいですが、ホーム画面の「ユニット」を選択し、右上の「MENU」からユニット関係のメニューが出てきます。
「ユニット編成」「ユニット売却」「装備変更」「ユニット一覧」「ユニット強化」あたりは、だいたい見れば意味が分かると思います。
それ以外に「限界突破」と「魂解放」があります。
ここでは限界突破について説明を。
限界突破は、キャラクターのレベル上限を上げるものです。
これは他のゲームでもよくありますね。
ただし、問題はコストが上がってしまうこと。
コストギリギリで編成していた場合、編成に組み込めないといった事態になります。
また、レベルMAXまで育てたキャラで限界突破した場合、能力にボーナスがつくらしいので、コアユーザーはこれを狙うようですね。
いずれにしても序盤でレベルの上限を上げる意味はなく、デメリットしかないので、しばらく控えた方がいいでしょう。

【そろそろ育成】
そろそろ育成 ラストサマナー
現在エレキア公国の「ハードチェイサー」に挑戦中。
そろそろ敵が強くなってきた。
控えていた育成をスタートすることに。

【キャラバンが解放】
キャラバンが解放 ラストサマナー
「ハードチェイサー」をクリアするとキャラバンが解放された。
以前プレイした時にはなかった気がするので、新しい要素かな。
女神像は、戦闘中に選択するマーク(※ブレイブメダルというそうです。)の出現率を変更できます。
これにより、ある程度偏った編成も出来そうですね。
以前までは、一小隊に一つの職種を偏らせると、ブレイブメダルの消費が偏るため、結果として戦闘中のコンボが続けにくいという問題があり、基本は小隊ごとにブレイド・ショット・マジックの3職種ずついれるのが基本だったと思うのですけど、ブレイブメダルの出現率そのものをイジれるなら、それを気にしなくていいということになるわけですから。
むしろ、一小隊を同じ職種にすれば、同じブレイブメダルを選択して攻撃した場合に発生するスリーマッチングボーナスが発生しやすいので、新しい戦術が考えられるわけです。
問題は、どの程度ブレイブメダルの出現率が変わるかということなわけですけど、それはいずれ検証してみたいと思います。
今は、そもそも全部隊を固有キャラで編成出来ていない状態(※お助け熊さんが部隊に加入する)ですから、編成を偏らせる余裕がそもそもないですからね。
ちみなに出現率のメーターは上げたり下げたり出来るので、いろいろ試していいみたいですね。
「エヴァ鍛錬施設」は、施設のレベルを上げるとキャラクターの能力に補正がつくようですが、施設のレベルアップに必要な素材が集まっていないので、今は何もできないようです。
というわけで、とりあえずすべて保留ですな。

【戦闘のコツ的なもの】
戦闘のコツ的なもの ラストサマナー
とにかくコンボをつなげていこう。
キャラのジョブと、ブレイブメダルの種類が適合しているものを選択し続けると、コンボの値が上がって、バーストレベルが溜まっていく。
ジョブに適合していないブレイブメダルを選択した場合は、コンボが切れてしまう。
ただし、特殊系の紫ブレイブメダルの場合は、コンボは伸びないが、切れることも無い。
ハートも同じく。
よって、ジョブに適したブレイブメダルが無い場合は、紫かハートのブレイブメダルを選択してお茶を濁せばいい。
こうしてコンボが溜まり、バーストレベルが上がれば、必殺技が打ててバトルが有利に進めるというのもあるが、そもそもマップのトライアルのほとんどが「バーストフィニッシュ」になっているので、マップの最後のバトルの最後の敵は、バーストフィニッシュで倒す必要があるわけです。


コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.