ドラゴンズ投手 初期一軍登録能力一覧 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10

大野雄大 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10

【先発投手陣について】
☆83の大野と☆85の吉見がローテーションの柱だが、吉見はケガもちで一年間投げれない。
よって、吉見の状態次第では、☆76の若松が二番手投手となり、一挙に厚みがなくなり、ほとんどが☆60台で構成される先発ローテーションとなってしまう。
序盤はローテーションに入るであろうバルデス・山井も高齢で世代交代も急務である。
などと問題山積みの感はあるが、谷繁がいる間は、リードによる補正が入るらしく、能力以上に抑えるので意外となんとかなったりはする。


※誤字、間違いなどがある場合は、コメントでご指摘いただくと助かります。
※加筆すべき内容などがある場合もご指摘いただきますとありがたいです。




大野雄大 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
大野雄大 本格派/普通NEW
アップデートでの変更値 84→83

ストレートの球威はついにAに到達も、Hスライダーの球威が大幅にダウンし、マイナス特能が増えるなどして☆は1ダウンとなった。
☆90台が一人もいないドラゴンズでは、この大野がエース。
年齢も若く、まだまだ成長する。
もちろん☆90は余裕で超える。
とりあえず援護▼は消しておきたい。
実物は低迷するチームの中リーグ最多の207回1/3を投げエースの活躍。
3年連続の規定投球回を達成、同じく3年連続二桁勝利を上げた。
特に5月は防御率1.64で1完封を含む3勝を上げ月間MVPを初受賞した。
既に年俸約1億800万円で契約更改をしており、来季からは選手会長も務める。
実際の成績 防2.52 11勝10敗


山井大介 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
山井大介 本格派/普通NEW
アップデートでの変更値 66→63

基礎能力に変更は無いが、援護▼と対ピンチ▼が付いて☆ダウン。
既にノビシロは無いが、序盤は十分に先発ローテーションに入る。
ケガもちで安定しないが、投げれる間は投げてもらおう。
実物はやや失点が多く、シーズン途中でリリーフに配置転換されるなど厳しいシーズンとなった。
投球回数140回と規定投球回も達成出来なかった。
12敗はタイガース能見に次ぐリーグワースト2位。
実際の成績 防3.92 4勝12敗6HP2S


バルデス プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
バルデス 本格派/普通NEW
アップデートでの変更値 68→64

球速が3kmダウンし、対ピンチ▼、スロースターターが付くなどして☆ダウン。
既に高齢のため初年度から劣化が始まるが、序盤はローテーションに入ってくるはず。
先はないので、早く世代交代したい。
実物はまるで手投げようなフォームで投球する変則左腕。
シーズン序盤は、好投しても援護が無く、なかなか勝てずにいた。
せっかく勝ち越してマウンドを降りても、リリーフが勝ち星を消してしまって、泣きそうな表情をしていたのが印象的だった。
途中故障で離脱していた時期があったため、規定投球回には届かなかった。
実際の成績 防3.18 5勝8敗


若松駿太 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
若松駿太 本格派/早熟NEW
アップデートでの変更値 61→76

球速が1kmアップし、チェンジアップ・フォークは球威・変化量・制球の全てが上昇した。
四球などのマイナス特能も増えたが、総合的には☆15もアップ。
発売時が☆44だったことを思えば、今年が若松にとって飛躍のシーズンであったことがわかる。
能力の伸びもよく、覚醒なしでも余裕でカンストエースに成長し、大野を押しのけて開幕投手をこなせるようになる逸材である。
実物は開幕ローテーション入りこそ果たせなかったが、シーズン途中からは完全に先発ローテーションに入り安定した投球を見せた。
規定投球回こそ達しなかったが、初の二桁勝利を上げた。
実際の成績 防2.12 10勝4敗


ネイラー プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
ネイラー 本格派/普通NEW
アップデートでの変更値 52→64

球速4kmアップし、新球種カットボールが追加された。
マイナス特能も増えたが、トータルでは☆12と大幅アップ。
これにより☆60を超え、ドラゴンズでは十分にローテーションに入れる能力となった。
ver1.08で追加されたが、途中加入の選手の中では、もっとも活躍した一人ではなかろうか。
ただし、外国人選手のため、ゲームの設定上あまり成長しないので、頼るとしても序盤だけにしたい。
実物は今季7月13日にペレスとともに入団。
アメリカ・マイナーリーグ、四国アイランドリーグと活躍の機会を求めて渡り歩いてきたが、ようやく契約を勝ち取った。
8月1日に初登板し、累計10試合に登板。
実際の成績 防3.81 4勝3敗



八木智哉 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
八木智哉 本格派/普通NEW
アップデートでの変更値 48→50

球速が1kmアップするなどで☆は微増。
大して高くない初期値な上にケガもちで使いにくい。
マイナス特能もしこたまついていて、衰退期までに全て消すことも不可能である。
それでもゲーム序盤はローテーションの谷間で投げさせることもあるかも知れない。
中継ぎ適正があるので、敗戦処理も出来るサウスポーリリーフとして育てたほうが、使いみちが出るかもしれない。
ただし、ドラゴンズはリリーフの方がいい若手が多いので、いずれにしても覚醒が無いと埋もれるだろう。
実物は戦力外からトライアウトで這い上がり、一軍二軍を行ったり来たりしながらも14試合に登板した。
何故かカープに異様に強く、ローテーションもカープ戦を中心に組まれた。
カープ戦のみの成績だと防御率1.13 4勝2敗とエース級である。
実際の成績 防3.92 4勝6敗


岡田俊哉 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
岡田俊哉 軟投派/早熟NEW
アップデートでの変更値 57→73

プロスピの世界では、試合に出れば出るほどマイナス特能が付くことが多いが、岡田は珍しく全てのマイナス特能が無くなった。
またストレートの球威が上がるなどして☆が大幅アップとなった。
チーム事情からして、抑え適正を上げて、ストッパー起用すれば存在価値がぐっと増す。
実物はチーム3番めとなる50試合に登板し、シーズン後半はセットアッパーに定着した。
実際の成績 防1.57 0勝1敗12HP0S


浅尾拓也 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
浅尾拓也 技巧派/普通NEW
アップデートでの変更値 59→67
※表示しきれていないスキル
決め球(フォーク方向)

フォーク、パームなどの落ちる系の変化球の球威が上昇して☆も大幅アップ。
かつての最優秀中継ぎの力は無いが、リリーフの弱いドラゴンズでは十分に出番がある能力となった。
ただケガしにくさ▼2がつていおり、使いにくい。
ケガは年齢的に改善可能だが、有力な若手リリーフが多いドラゴンズでは、次第に出番がなくなるだろう。
無論、覚醒があれば別だが。
実物は故障の影響で39試合の登板にとどまったが、去年の22試合よりは出場数を増やした。
実際の成績 防3.19 1勝1敗17HP3S


高橋聡文 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
高橋聡文 速球派/晩成NEW
アップデートでの変更値 54→61

スタミナはダウンしたが、フォークの球威が増すなどして☆アップ。
特殊能力も細かく変更されているが、一番問題のケガしにくさ▼2はそのままであった。
能力的にはリリーフの弱いドラゴンズならぱ一軍に残れる力はある。
もちろん左腕であることもポイントは高い。
使っていくなら、衰退期までにケガを治しておこう。
実物は8月以降の登板がなく、35試合の出場にとどまった。
FA移籍により、来季からはタイガースでプレイすることが既に決まっている。
実際の成績 防3.51 3勝3敗9HP0S


田島慎二 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
田島慎二 速球派/普通NEW
アップデートでの変更値 75→76

球速が1kmアップして☆も成長。
ケガしにくさ▼が無くなったのもありがたい。
リリーフ投手の中ではもっとも☆が高く、是非セットアッパーとして起用していきたい。
まだ若く高い初期値であり、リリーフエースに育っていく。
覚醒なしでも☆90を超える逸材だ。
発売時☆55から比較すると、実に☆21上昇と急成長で、飛躍のシーズンであった。
実物もチーム最多の64試合に登板。
シーズン後半はストッパーも務めた。
※何故か抑え適正は無いですね。
実際の成績 防2.28 4勝6敗20HP9S



又吉克樹 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
又吉克樹 速球派/普通NEW
アップデートでの変更値 68→67

スライダーの球威が増したが、球速が1kmダウンするなどで☆は1だけダウン。
発売時は☆83のリリーフエースだったが、☆16ダウンと大幅劣化となった。
それでも年齢を考えると、高めの能力で、将来性は高い。
ただし、以前の力を取り戻すには覚醒が欲しい。
実物も去年同様のセットアッパーとして起用され、チーム最多の36HPを稼いだが、防御率は去年より1点近く悪化した。
実際の成績 防3.36 6勝6敗36HP0S


福谷浩司 プロ野球スピリッツ2015 ver1.10
福谷浩司 速球派/普通NEW
アップデートでの変更値 68→60

ストレートの球威がダウンし、球速も1kmダウン。
前回のアップデートで☆18もダウンに続き、今回も☆8ダウンし、累計☆26もダウンしてしまった。
既にストッパーをさせるには不安な能力である。
ただ、年齢を考えるとまだまだ高めの能力であるが、去年の能力を取り戻すには覚醒が必要。
実物はストッパーとして起用されたが、打ち込まれる展開が多く、8月1日のセーブの場面で3失点で逆転負けを喫してファーム落ち。
以降の登板がなかった。
ファームでも防御率4.50と精彩を欠いている。
実際の成績 防4.05 3勝4敗7HP19S

※一部の逸話などはウィキペディアより抜粋しているものもあります。

その他プロ野球スピリッツ2015 
最終アップデートVer1.10選手能力一覧


【プロスピ2015レビューサイト】
楽天での評価を確認する
Amazonでの評価を確認する
mk2での評価を確認する
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

> しかし田島抑え適性△すらつけないのだけは許せませんね(怒)

まあまあ(笑)

Re: タイトルなし

> 横槍で失礼します。
> 成績とかを考えずにプレーするなら、最初からおさえ固定で回してあげると適正◯までは勝手に育つので、一年間ほど抑えにして適正が◯になってから抑え適正の練習を開始すれば能力上げの効率はよくなると思いますよ(´ω`)

おっと、返答頂いていたのですね。
仰るとおりです。
育成だけを考えれば、それが一番効率的ですよね。

Re: No title

> 福谷、又吉の弱体化は痛いですがに大野、岡田、田島の面々のパワーアップに若き若松の台頭でトントンという所でしょうか?
> かのパワプロ2014での大野、岡田、田島は揃って早熟で26歳で成長が止まっていたことを考えると感慨深いです。

パワプロの早熟は極悪すぎです。

> あと抑えもやってたのに抑え適性がない田島はまあ…たまにありますこういうこと、昔のパワプロ2012決定版の日本ハムで2012年はほぼ中継ぎで投げてた矢貫に先発適性しかなかったりとかありましたし…w

やや話はズレますが、関本にアベレージヒッターがついていた時はズッコケました(笑)

> ペナント開始直後から田島の抑え適性上げてやれば一年目後半には抑え適性上がって抑えやれなくないですか?
> パワプロと違って上げづらかったり、適性無し→△→○→◎の四段階のようなのでやっぱり厳しいのでしょうか…。

すぐ上がりますよ。
適正○までは、使っているだけで上がります。
○から◎にするには、練習で割り当てる必要がありますけども。
多分パワプロより上げやすいかもしれません。

Re: No title

> 福谷随分劣化しましたね 谷繁監督も頭を痛めるでしょう

お前のせいでこの順位!!と監督にキレられたほどですからねぇ・・・

しかし田島抑え適性△すらつけないのだけは許せませんね(怒)

横槍で失礼します。
成績とかを考えずにプレーするなら、最初からおさえ固定で回してあげると適正◯までは勝手に育つので、一年間ほど抑えにして適正が◯になってから抑え適正の練習を開始すれば能力上げの効率はよくなると思いますよ(´ω`)

No title

福谷、又吉の弱体化は痛いですがに大野、岡田、田島の面々のパワーアップに若き若松の台頭でトントンという所でしょうか?
かのパワプロ2014での大野、岡田、田島は揃って早熟で26歳で成長が止まっていたことを考えると感慨深いです。

あと抑えもやってたのに抑え適性がない田島はまあ…たまにありますこういうこと、昔のパワプロ2012決定版の日本ハムで2012年はほぼ中継ぎで投げてた矢貫に先発適性しかなかったりとかありましたし…w

ペナント開始直後から田島の抑え適性上げてやれば一年目後半には抑え適性上がって抑えやれなくないですか?
パワプロと違って上げづらかったり、適性無し→△→○→◎の四段階のようなのでやっぱり厳しいのでしょうか…。

No title

福谷随分劣化しましたね 谷繁監督も頭を痛めるでしょう

Re: タイトルなし

> さすらいの野球ゲーマーさんの指摘の通り、田島に抑え適性△すらつけないとかバカにするのもいい加減にしろよというレベルですね。コナミにも講義のメール入れましたが、既にアプデが終わったのなんのと聞き入れる気すらないクズっぷり満載の対応でしたから怒り心頭ですよマジで。殿様商売やから世話ないですよね。ちなみにバルデスは自分で査定した方入れてますが田島も作り直しますかm(__)m

抗議のメール入れたんですか(笑)

> あと若松は来年本物かポッと出なのかですね。いずれこのチームは昔から暗いんでそろそろ新風が吹いて欲しいものです

野手のスターが欲しいですよね。
やっぱり高橋周平ですかね。

Re: タイトルなし

> 若松のチェンジアップは球威だけでなくフォークと同じく全て上がってます
> あえて書いて無かったのでしたらすみませんm(_ _)m

いえ、見落としておりました。
修正いたしました。
ご指摘ありがとうございます。

> 後田島の抑え適正がないのは試合を見てないとしか思えませんね( ̄▽ ̄;)

試合を見てるかはともかく、データを見ればわかる範囲のことなんですけどね(苦笑)

さすらいの野球ゲーマーさんの指摘の通り、田島に抑え適性△すらつけないとかバカにするのもいい加減にしろよというレベルですね。コナミにも講義のメール入れましたが、既にアプデが終わったのなんのと聞き入れる気すらないクズっぷり満載の対応でしたから怒り心頭ですよマジで。殿様商売やから世話ないですよね。ちなみにバルデスは自分で査定した方入れてますが田島も作り直しますかm(__)m
あと若松は来年本物かポッと出なのかですね。いずれこのチームは昔から暗いんでそろそろ新風が吹いて欲しいものです

若松のチェンジアップは球威だけでなくフォークと同じく全て上がってます
あえて書いて無かったのでしたらすみませんm(_ _)m

後田島の抑え適正がないのは試合を見てないとしか思えませんね( ̄▽ ̄;)
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.