最終アプデ版・鎖国ペナント阪神2016年

最終アプデ版・鎖国ペナント阪神2016年
2016年井川阪神スタートです。





【3月4月】

小豆畑眞也2016年 プロスピ2015去年一年、正捕手育成方針に漬けていた小豆畑の守備とリードが一人前になっていたので正捕手に指名してみた。
打撃はさんざんだが、このせいか投手陣が安定。
チーム防御率2.12。
まあさすがに出来過ぎだとは思うけど。

投手陣の踏ん張りで、開幕ダッシュ成功。
19勝10敗で首位発進となった。

【5月】

9連敗で順位も3位に後退。 プロスピ2015
5月27日
4月の好調が嘘の様に負け始めた。
9連敗で順位も3位に後退。

チーム防御率2.57は未だリーグトップ プロスピ2015負けていはいるものの、チーム防御率2.57は未だリーグトップ。
敗因は当然打線ということになるわけだけど、なかでも二番の西岡が機能していない。
控えに回していた上本が好調なので来月からはレギュラーを入れ替えることに。



【6月】

マートンとゴメスが相次いで離脱。 プロスピ2015弱り目に祟り目とはこのことで、クリーンアップを打っているマートンとゴメスが相次いで離脱。
正念場が続きます。


6月になっても一進一退 プロスピ2015
6月になっても一進一退が続く。
しかし、連敗はなくなって一安心。
そこそこに勝っていけば優勝もありえるはずだ。


岩田稔が限界突破 プロスピ2015
岩田稔が限界突破して晩成に。
三本柱の一人だけに、これはありがたい。


西岡の弾道をラインドライブ プロスピ2015パワーDを活かせていない西岡の弾道をラインドライブに上げた。
これで長打もDに。
本塁打が増えて欲しい。
成績が上向いてきたことと、上本の故障もあり、結局西岡スタメンのまま6月は終了した。


13勝9敗で4つの勝ち越し。
首位スワローズとは0.5ゲーム差の2位につけている。



【7月】
オールスター突入 プロスピ2015
オールスター突入。
去年は一人も選ばれなかったが、今季は野手でマートン・ゴメス・西岡・鳥谷が選ばれた。
投手では藤浪・メッセンジャー・呉。
この時点でスワローズに0.5ゲーム差をつけての首位に立っている。


岩本輝が覚醒 プロスピ2015
7月29日
既にローテーション入りしていた岩本輝が覚醒。
これにより☆77まで成長した。


13勝6敗3分と7月は大躍進 プロスピ2015
13勝6敗3分と7月は大躍進したが、スワローズの勢いも衰えない。
7月の最終カードであったスワローズ3連戦に負け越して、首位を明け渡し、3ゲーム差をつけられてしまった。
ちなみにこの時点でのスワローズの勝率は.620。
つぇ~!!


岩田稔が絶好調 プロスピ2015ここまで岩田稔が絶好調。
7月の時点で二桁勝利を達成してくれた。




【8月】
怒涛の10連敗で大失速 プロスピ2015
怒涛の10連敗で大失速。
未だ貯金14の2位ではあるが、スワローズとの差は9.5ゲーム差となり、スワローズにマジック19が点灯してしまった。


虎のお守り プロスピ2015その間、故障で離脱していたセットアッパー安藤優也。
もうすっかり衰えて☆は50台だが、数字もいいし、故障離脱した瞬間10連敗。
復帰した瞬間連敗ストップ。
虎の守り神なのだ。


四番ゴメスが長期離脱 プロスピ2015
連敗ストップで安心していたら、今度は四番ゴメスが長期離脱。


結局8月は9勝16敗1分と大きく負け越し。
スワローズに10ゲーム差以上あけられており、優勝はほぼ絶望的に・・・。


【シーズン後半戦】

優勝が絶望的になり、かといって3位ジャイアンツとのゲーム差にも余裕があるので、若手に経験を積ませるために若手起用に走ろうと思う。
若手で試合経験値が入る条件は以下のとおり

※☆59以下で25歳以下。

なので、現状のタイガースだと、

「投手」
守屋・岩貞・※春日・松田・島本・秋山・※浅尾

「野手」
梅野・北條・陽川・植田・西田・江越・中谷・※沼倉・横田・一二三・
※は架空選手

となる。
ただし経験値取得条件は
「野手」はヒットを打つことだけだが
「投手」は抑えることが条件で結構厳しい。
そういうわけで、野手の若手起用だけにしておくことに。
そのオーダーがこちら
若手起用に走ろうと思う プロスピ2015
鳴尾浜にいるようだ(笑)


スワローズが優勝 プロスピ2015
9月8日
スワローズが優勝を決める。
パ・リーグもホークスが連覇で去年と同じ状況になった。


プロ入り初記録 プロスピ2015
若手起用組のプロ入り初記録が続く。
しかも多少勝っている(笑)

結局、若手起用に切り替えたこともあって9月も負け越し。
とはいえ、8勝11敗で9月よりは勝率が良かったという結果になった。
ベテランなんていらんかったんや!!


これが最終的な順位 プロスピ2015
これが最終的な順位。
去年は負け越したが、今年は勝ち越したのでチーム力はついてきている実感がある。


3位ジャイアンツにアッサリ負け プロスピ2015
クライマックスシリーズ初戦で虎の守り神・安藤優也が離脱。
そのせいか3位ジャイアンツにアッサリ負けてしまった。

結局スワローズが日本一 プロスピ2015
日本シリーズはセ・リーグ覇者スワローズと、下克上を果たしたマリーンズで争われ、結局スワローズが日本一となった。


【ストーブリーグ】

不要選手を自由契約 プロスピ2015
更に難易度を上げるため、各球団の不要選手を自由契約にすることに。
せっかく「外国人補強を積極的にする」設定にしているのに、選手枠がいっぱいで補強しない傾向にあるからだ。
基準としては
・ファームにいる成長も見込めない外国人
・ファームにいる35歳以上の覚醒しない選手


念願の西口投手コーチ誕生 プロスピ2015
念願の西口投手コーチ誕生。
今回はトップ指導がついていなくて残念だけど・・・。
※ランダムでスキルが付くことがある。


ドラフト

浅羽哲人 プロスピ2015
ドラフト1位
浅羽哲人
万能型外野手をゲット。
少し年齢はいってるけど、近い将来センターを守らせたい。

武和彦 プロスピ2015
ドラフト2位
武和彦
打撃型内野手。
ポスト今成として育成予定。

梶原孝典 プロスピ2015
ドラフト3位
梶原孝典
18歳の打撃型。
守備適正はセカンド・ショートだけど、コンバートすべきでしょうね。

今年は野手のみの指名。
現実のプロ野球ではあり得ないパターンですけど、なにしろ将来性が見えているのでねぇ。
自由契約しておいたのがきいているらしく、各球団の獲得は積極的です。


積極的に外国人補強 プロスピ2015
想定通り、各球団積極的に外国人補強を行っているようです。
なんと全球団あわせて22人の外国人が補強されました。
これは来季の展開が楽しみです。


最終アプデ版・鎖国ペナント阪神2016年野手成績に続く

関連記事

テーマ : プロ野球スピリッツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

> 西口を見て思ったのですが、球持ちやリリースは覚えさせないのですか?コーチのスキルは引退した時に覚えていたスキルの中から覚えるので力配分だけはもったいないなと思いました

そういえば、コーチ能力に補正がかかるスキルがあるのでしたね。
忘れてました(汗)

西口を見て思ったのですが、球持ちやリリースは覚えさせないのですか?コーチのスキルは引退した時に覚えていたスキルの中から覚えるので力配分だけはもったいないなと思いました

Re: タイトルなし

> 安藤大佐は開始から衰退期に入ってるにも関わらず衰えを感じさせない働きですね。トラの投げるシーラカンスや

ゲームでは衰える勢いが凄いですけどね(汗)

> 岩本世代の自分としては現実でも覚醒して欲しいものです。岩本という投手ですが俺の目線ではオーソドックスな印象なのでアレンジ加えるとすると、新しい球種を1つ欲しいかなと見ます
> あと、主砲ゴメスは年々守備がひどくなってませんか?こんな守備ダメダメでしたっけ?下手したら俺の方上手いですよwww 現実でも下手でしたっけ

確かプロスピ2014でも総合守備はGだったと思います。
実物の印象はそこまで酷いとは思いませんね。
守備範囲は狭いですが、触れる球の処理は上手いように思います。

Re: タイトルなし

> これって管理人さんは操作せずですかイマイチ把握できなかったんすよorz

そういや記載してませんでしたね。
オーダーだけ組んで試合はスキップです。
実はこれだけでも結構勝率が上がります。

> ミネソタのアレ(西岡)が低弾道とは認識不足でした。中弾道くらいかとね
> ラインドライブに変えたのは俺もいいと思いますよ!(管理人さんはラインドライブにどういう印象でしょうか)

ゲーム的にという意味でしたら、中弾道と一緒と思いますね。
低弾道では出ないホームランが出るようになります。

> ここで質問です。波留二世と呼び名も高いハマの二代目突貫小僧桑原将志についてですが、正直彼の今年よもやの打撃不振には怒り心頭でした。関根やオト(乙坂)よりも期待寄せてただけに失望してます。そんな彼ですが弾道が低弾道なんですよ。体は小さいけどパンチ力はあるだけにラインドライブか中弾道、管理人さんなら桑原をどうしますか?来年もダメなら野球諦めて大阪の実家帰って吉本で芸人修行してもらいますからクワは笑笑 低弾道は正直グラウンダーよりも性能よろしくないと見てますし是非意見を聞かせてください

ドラフト4位の4年目の22歳ですし、もう少し長い目で(笑)
本塁打率からすると低弾道でも仕方ないですけど、打数は少ないながら、もう2本打ってますしね。
野手で低弾道は、タイガース大和のように、レギュラーで出ていても数年に1回しか打てない選手だけでいいと思います。

安藤大佐は開始から衰退期に入ってるにも関わらず衰えを感じさせない働きですね。トラの投げるシーラカンスや
岩本世代の自分としては現実でも覚醒して欲しいものです。岩本という投手ですが俺の目線ではオーソドックスな印象なのでアレンジ加えるとすると、新しい球種を1つ欲しいかなと見ます
あと、主砲ゴメスは年々守備がひどくなってませんか?こんな守備ダメダメでしたっけ?下手したら俺の方上手いですよwww 現実でも下手でしたっけ

これって管理人さんは操作せずですかイマイチ把握できなかったんすよorz
ミネソタのアレ(西岡)が低弾道とは認識不足でした。中弾道くらいかとね
ラインドライブに変えたのは俺もいいと思いますよ!(管理人さんはラインドライブにどういう印象でしょうか)
ここで質問です。波留二世と呼び名も高いハマの二代目突貫小僧桑原将志についてですが、正直彼の今年よもやの打撃不振には怒り心頭でした。関根やオト(乙坂)よりも期待寄せてただけに失望してます。そんな彼ですが弾道が低弾道なんですよ。体は小さいけどパンチ力はあるだけにラインドライブか中弾道、管理人さんなら桑原をどうしますか?来年もダメなら野球諦めて大阪の実家帰って吉本で芸人修行してもらいますからクワは笑笑 低弾道は正直グラウンダーよりも性能よろしくないと見てますし是非意見を聞かせてください
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.