最終アプデ版・鎖国ペナント阪神タイガース2019年(1) プロスピ2015

能見篤史監督 プロスピ2015
去年のBクラスの責任を取って、安藤優也監督は1年で退任。
毎年ころころ監督を変えるから強くならんのやぁ!!という虎ファンの罵声をヨソに、能見篤史監督が爆誕した。
イケメン監督効果で今年の虎は違うはずや!!
知らんけど・・・。




【3月4月】

いきなりの開幕6連敗スタート 2019年プロスピ2015
いきなりの開幕6連敗スタート。
今年もいきなり暗雲が立ち込める。

今年の覚醒一人目は一二三 2019年プロスピ2015
今年の覚醒一人目は一二三。

一二三慎太 2019年プロスピ2015
覚醒しても☆50を超えないという悲しさだが、長打はSに到達。
調子のいい時は使っても良さそうだが、ケガしにくさ▼3が泣ける。

新ストッパー歳内はパーフェクトリリーフ 2019年プロスピ2015いきなりの連敗スタートだったが、結局は2つの貯金をもって4月は終了。新ストッパー歳内はパーフェクトリリーフでチームを支えている。


【5月】

伊藤和雄が覚醒 2019年プロスピ2015
5月10日
伊藤和雄が覚醒。

伊藤和雄 2019年プロスピ2015
30歳という年齢を考えると微妙過ぎる能力。
まあ、この程度でも中継ぎだと抑える時もありますがね。
今季の二人の覚醒はいずれも微妙だなぁ。

久しぶりの単独首位を奪取!! 2019年プロスピ2015
5月26日
首位ジャイアンツを倒して、久しぶりの単独首位を奪取!!
本当に久しぶり。

去年のドラフト1位広田が覚醒 2019年プロスピ2015
5月30日
去年のドラフト1位広田が覚醒。

広田友亮 2019年プロスピ2015
19歳としては恐ろしい能力になったけど、☆50を超えたために正捕手育成が使えなくなった。
せめてリード3ぐらいまでに育ってから覚醒して欲しかったと言っては贅沢だろうか。

岩田稔が月間MVP 2019年プロスピ2015
岩田稔が月間MVP。
チームも8連勝で終了し、2位ジャイアンツとのゲーム差を4まで広げた。
いよいよ初優勝か??



【6月】
不調の一番セカンド西岡剛 2019年プロスピ2015現在チーム打率トップでリーグ最強の得点力となっているが、更に強化するために打線にテコ入れすることに。
まずは不調の一番セカンド西岡剛を上本博紀に交代。
一番は今成に変更。

不調の正捕手成田 2019年プロスピ2015続いてこちらも不調の正捕手成田を梅野に交代。
リードがまだ2の梅野隆太郎の起用は不安だが、様子をみることとした。

広田を急遽一軍昇格 2019年プロスピ2015なお、好調の梅野は交流戦では指名打者制を打たせるので、捕手の控えがいなくなる。
そのため先ほど覚醒した広田を急遽一軍昇格させた。


11連勝達成 2019年プロスピ2015
交流戦に入っても勝ち続け、なんと11連勝達成。
貯金が貯まって貯まってたまりまへんわ。

交流戦優勝 2019年プロスピ2015
当然こうなるわけで。
結局5月はトータルで15勝8敗。
2位ジャイアンツに5.5ゲーム差をつけて首位を維持。
他チームなら「決まったかな」というところだけど、意外と自チームだとそうは思わないものですな。

【7月】
大和が首位打者争い中 2019年プロスピ2015大和が首位打者争い中。
今成・大和・沼倉・ゴメス・伊藤の1~5番が3割超えの強力打線なのであります。


成田が怒りの覚醒 2019年プロスピ2015
7月4日
正捕手を外されていた成田が怒りの覚醒。
今年は覚醒が多いです。
今季4人目なので、一応あと一人は可能性がありますけども。

成田忠寛2019年プロスピ2015
なかなか立派な能力に。
能見監督も頷いでレギュラーを確約したのでした。

オールスター開催 2019年プロスピ2015
オールスター開催。
チームの好調を反映して、沼倉・ゴメス・伊藤隼のクリーンアップトリオと一番打者今成が選ばれた。
投手では藤浪晋太郎と新ストッパー歳内、セットアッパー二神一人。
虎ファン垂涎のオールスターである。

架空捕手・藤本勇也が覚醒 2019年プロスピ2015
架空捕手・藤本勇也が覚醒。
これでついに5人の覚醒枠を使い果たした。
ながいことプレイしているけど、1年で5人の覚醒は初めてじゃないかな?

藤本勇也 2019年プロスピ2015
なかなか立派な能力に。
完全に梅野隆太郎の出番は無くなりそうですね。

四番ゴメスがケガで1ヶ月の離脱 2019年プロスピ2015
7月28日
ここまで本塁打20本と好調の四番ゴメスがケガで1ヶ月の離脱。
2位ジャイアンツは2.5ゲーム差まで迫ってきており、7月までの楽勝ムードが一転してしまった。

沼倉を急遽四番に抜擢 2019年プロスピ2015三番で好調だった沼倉を急遽四番に抜擢。
三番には五番を打っていた伊藤隼太。
五番にはゴメスの代役陽川尚将を抜擢した。
陽川は調子のいい選手と入れ替えながら、なんとか攻撃力を落とさないようにしたい。
だが、結局8月は8勝12敗と負け越してしまった。


最終アプデ版・鎖国ペナント阪神タイガース2019年(2) プロスピ2015に続く
関連記事

テーマ : プロ野球スピリッツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.