超初心者向けVenusBlood-HYPNO-講座・能力編

仙人微笑みさて今回は超初心者向けVenusBlood-HYPNO-講座・能力編じゃ。
テストキャラの能力の説明ワンね。
仙人微笑みうむ。
本来なら雇用編より先にキャラの能力を説明すきべきなのじゃろうが、先にタクティカの説明をしておかないとわかりにくいからのぅ、
このゲームはなにかとタクティカが絡んでくるのじゃ。
そんなわけで、いまから能力について説明するぞ。
テストわん。
仙人微笑みさて、前回出演していただいたゴブリンスミスくんに再度登場願おう。





bv015.png

テストあれ?よくみるとD級ゴブリンスミスってなってるワンね。D級がいるならC級もB級もいるということワンね。
仙人微笑みこのD級というのは、雇用編で説明した称号が関係してくるのじゃ。
基本はいい称号を沢つけていくと、ランクアップしていくというわけじゃ。
これそのものには深い意味は無いが、まあ目安と言う奴じゃな。
テストなるほどワン。
あっ、さっき称号つけたから「驚くべき」ゴブリンスミスになってるワンね。
仙人微笑みそうじゃ。一番最低ランクの称号じゃから、ランクアップせずD級のままじゃがの。
テスト次は赤いニコチャンマークと一般って書いてあるワンね。
仙人微笑み赤い顔のマークは、キャラの調子じゃ。
前に説明した通り、キャラには得意な月があるのじゃ。
ゴブリンスミスは火の月が得意じゃから、今は絶好調というわけじゃ。
次に一般というのは雇用できるキャラのことで、他に武将というのがあるのじゃ。
武将は基本、イベントなどでしか増えないし、アドベンチャーモードでストーリーにも絡んでくるのじゃ。
初期では主人公のレオンハルトと、その参謀役アノーラ、ずっこけキャラのノエルの3人が武将じゃ。
一般とは「武将でない」という意味だけで、ほかに意味はないのじゃ。
テスト次に赤い刀のマークワンね。
仙人微笑みうむ。これは職業を表しておる。
職業はこのように6種類じゃ。
bv019.png

仙人微笑みただし、よくあるRPGや戦国ランスのように、厳密に役割わけがあるわけではないのじゃがな。
あくまで傾向じゃが以下のような特徴がある。

「ブレイダー」攻撃・守備・速度ともに高いバランス型。敵を確固撃破するのが得意。
「ランサー」攻撃・速度が高い槍持ち。
「シューター」撃・速度が高い弓部隊。遠隔攻撃スキルで後列も狙える。
「キャスター」能力は高くないが、サポートスキルに優れる魔法使い系。
「ガーター」高い守備力で師団を守る盾部隊。
「デストロイヤー」高い攻撃力で敵を屠る攻撃の要。範囲攻撃を持つ者も多い。絵柄が槌なのでハンマー系キャラのイメージだが、大砲系のキャラもこちらに分類されることが多い。
テストなるほどワン。
6種類の職業があるワンね
仙人微笑みそうなのじゃ。
ただしここで書いた職業の説明はあくまで傾向じゃ。攻撃力に優れるガーターもおるし、サポートというよりもメインアタッカーのキャスターもおる。
しかし、特に序盤は職業イメージ通りのキャラが多いので、一つのめやすにはなるじゃろな。
テストそれでは次に行くワン。
次はRPGではおなじみのレベルわん。
仙人微笑みうむ。
RPGではおなじみの経験値が増えるとレベルアップするというやつじゃ。
ただし、能力値自体はあまり伸びない。
bv020.png

仙人微笑みこれはレベル99になったコブリンスミスじゃが。
もとの能力と比較すると倍以上にはなっておるが、一般的なRPGのように桁違いの能力になるわけではないわけじゃ。
攻撃・防御・速度・知力といったステータスの上昇には、レベルアップよりタクティカによって称号を付けたり。強い装備を持たせるのが基本というわけじゃ。
レベルアップで大事なのは次のHPが大きく成長することじゃな。
テストHPはRPGでお決まりの体力だワンね。
仙人微笑み実はVenusBlood-HYPNO-でのHPは体力ではなく、兵力だということじゃ。
じゃから、兵力が減ると、部隊の攻撃力も落ちるのじゃ。
この辺りはSLGではよくある仕様じゃな。
テストなるほど。体力ではなく兵力ワンね。
次の内政スキルは内政編で習ったワン。
仙人微笑みうむ。
ちなみに内政スキルの無いキャラは、ここが空白になっておる。
テスト経験値は経験値ワンよね?
仙人微笑みそうじゃ。
テスト武功?
仙人微笑みまあ言葉の意味通りとれば「戦いで挙げた功績」っていう意味だが、説明書には「再雇用時の忠誠度変化値」とある。
テストなんのことかさっぱりワン。
仙人微笑みうむ。
ワシもわからん。
まあようするに高いほど「基礎能力が上がる」という理解でいいと思う。
ただし、変化するのは再雇用の時のみじゃ。
テスト再雇用?
仙人微笑みうむ。
前回の雇用編で雇用の仕方を説明したけど、このゲームでは今既に雇用しているキャラを再雇用することが出来るのじゃ。
例えば序盤に雇ったキャラは称号を付ける余裕がなくて、称号なしの場合が多いが、それを更に称号を付けて強化するには、再雇用する必要がある。
もちろん、普通の雇用の時と同じく物資やタクティカを使うので気軽に出来るわけではないのじゃがのう。
テストその時に武功が高い方がいいということ?
仙人微笑みちょっと違う。
じゃがついでなのでまずは忠誠度の説明じゃ。

忠誠度は報酬で渡す物資がなくなったり戦闘で負けると下がり、0になると勝手に辞めてしまうのじゃ。
テスト職場放棄ワンね。
仙人微笑み逆に戦いに勝つと上がっていく。
難易度ノーマル以下だと、普通にやっていれば忠誠0になるようなことはなくて、少しずつ上がっていくものと考えていいじゃろう。
忠誠の初期値は25じゃ。
ゲームを進めていくうち忠誠があがってMAXは100じゃ。
ここでさきほどの武功の説明に戻るが、見てもらうのが一番はやいじゃろ。
今回出演はレベル100ミノタウロスくんじゃ。
bv021.png

仙人微笑み見ての通り、幾度と戦いに参加し勝利した結果、忠誠度は100になっておる。
 この状態で再雇用すると・・・
bv022.png

仙人微笑みこのように武功が100となり、能力が上がるのじゃ
テストめっちゃ強くなったワン。
仙人微笑みうむ。
再雇用すると武功は再雇用した時の忠誠度と同じ値になるということじゃな。
この再雇用する際に、称号も付ければ能力はもっと上がるわけじゃ。
つまり忠誠度100が再雇用の一つの目安といってもいいじゃろ。
テストなるほどワン。
だけど、それなら忠誠度の表示だけでいい気がするワン。
仙人微笑みなかなか鋭いことを言うワンコじゃな。
しかし、例えば忠誠度80の時に再雇用したのか、100の時に再雇用したのか一目でわかる為の数字じゃろな。
やりこみゲーマーにとってはありがたい数字のばずじゃ。
テスト次は成長ワンね。ゴブリンスミスはSSとなっているワン。
仙人微笑みそうじゃ。
SSは最高の成長性なのじゃ。
テストレベルアップ時に上がる能力のことワンか?
それにしてはレベル99のコブリンスミスはイマイチ君だったワン。
仙人微笑み今日のイロハは冴えておるのう。
実は成長は付けられる称号に関わっておる。
雇用編でも登場した毒のタクティカを見てみよう。
bv017.png

仙人微笑み下の方に成長性D以上のユニットに称号を付与できる。と説明があるじゃろ。
テストおっと、これは気付いてなかったワン。
仙人微笑みまあ序盤は気にすることはないからのう。
ゲームが進むと、次々と高ランクのタクティカが解放されていく。
最高ランクのタクティカでつけられる称号は、やはり最高ランクの強さなのじゃけど、最高ランクの称号をつけるには成長性SSが必要なのじゃ。
逆に成長性がAだと、Aランクのタクティカの称号しかつけれないというわけじゃ。
つまり、成長性とは、高いランクの称号がつけられるかどうか、という意味なのじゃ。
テストひょっとしてゴブリンスミス君って最強??
って良く見たら、初期メンバーのほとんどが成長性SSだワン
仙人微笑みうむ。
このゲームでは、弱いキャラほど高い成長性を持ち、最初から強いキャラは成長性が低い傾向にあるのじゃ。
弱いキャラは、強い称号を付けても結局は後半に雇用できる強キャラたちにはかなわなかったりするので、成長性SSがイコール最強というわけではまったくないのじゃ。
テスト残念ワン。
仙人微笑みとはいえ、弱キャラも愛さえあればそこそこ使えるように育てられるということじゃな。
テスト次は「治療費」ワンね。
仙人微笑みこれは、内政編で説明したHP一括回復にかかる費用じゃ。治療費1のキャラのHPを10回復するには、お金が10かかるという意味なのじゃ。
また、治療費は強キャラほど高く弱いキャラほど低いので、強さの目安に多少はなる。
このゴブリンスミス君もそうじゃが、治療費1は最安値で、最弱キャラの証しでもあるのじゃ。
こういったキャラが戦闘に出ないでいいように、キャラを雇用していく必要があるじゃろな。
テストゴブスミって、やっぱ弱キャラだったワンね。プププ。
仙人微笑み次に最大Rじゃが、ここは過去に敵に与えた最大ダメージが表示される。
まあ、暇な時にふ~ん、と眺める程度でいいじゃろうな。
勝利数は戦いに参加して勝利した回数。
撃破数は戦いで敵にとどめをさした回数じゃ。
これも参考データじゃな。
テスト仙人。
文章量が凄いことになってきたワン。
仙人微笑みなんと、今でようやく半分程度というのに。
仕方ないのう。
能力編は2回に分けてやるとしよう。
テストシ~ユ~ワン。




関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.