栄冠ナイン2016攻略 勝てるチーム作りを考える

実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 名門
サクセスなどと違い、所属選手の全ての育成をコントロール出来る栄冠ナインにおいては、「どういうチームを目指すのか」ということが大切になってきます。
一番簡単なのは、能力がオールSになればいいわけですが、そこまで育つ選手はほとんどいないので、何を重視し、何を切り捨てるのかを考える必要があり、それがチームカラーということになります。





実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン クサイところ
今回の栄冠ナインは、どういったチームカラーでも、ある程度勝てる印象です。
守備重視だと手堅い試合展開が多く、攻撃型だと派手な試合展開が多いです。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン
打撃特化だと、やはり大量得点の派手な試合が増える。
ただ、過去作より最低限の守備は欲しい。
また今作はエラーが出やすいバランスに調整されたようなので、捕球も最低限は欲しい。
ということで、守備も捕球もD程度にはしておきたい。
派手な試合展開は楽しいが、低めの守備力が足を引っ張り、こちらの投手が序盤に炎上して試合を潰してしまうパターンも増えるので注意。
施設の整わない序盤は、攻撃も守備も伸ばすといったことは難しいので、攻撃特化の方が勝ちやすいとの噂もあります。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン
守備特化だと、試合展開は落ち着く傾向にある。
※画像はミートAで守備特化とは言いがたいですけど
明らかにオートモードでの炎上の回数が減る。
そして、打撃特化型ほどではないが、打撃能力が低くても、信頼度が高まれば意外と打つ。
個人的にはこちらのほうが好みです。
ただ、守備を鍛えてもオートモード炎上が全く無くなるわけではないので、ある程度、運は絡みます。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン
結局はポジションごとにバランスよく育てるのがベストと思います。
以下はポジションごとの育成方針。
管理人の主観です。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 遊撃手
【足・肩・守備が欲しいポジション】
遊撃手・中翼手
広い守備範囲も欲しいので、足も鍛えておきたい。
併殺を取るためにも、肩も欲しい。
全て能力を鍛える都合上、打撃練習に割く時間が減ってしまうので、クリーンナップは打てせにくい。
しかし、足を鍛えるので上位打線を打たせる適正はある。
イメージとしては・・・
BBBB


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 外野手
【足・守備が欲しいポジション】
二塁手・左翼手・右翼手
遊撃手の肩があれば、併殺は取れるので、二塁手の肩はあまり重視しなくていい。
右翼手は肩もあった方がいいが、そこまで試合で影響を感じないはず。
肩を鍛えなくていい分、遊撃手・中翼手より打撃が伸びやすく、それでいて足も早いので、上位打線向きに育ちやすい。
イメージとしては・・・
BEBB



実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 三塁手
【肩・守備が欲しいポジション】
三塁手・捕手
捕手は盗塁阻止のため、三塁手は遠い一塁への送球のため、肩を重視したい。
ただ、守備範囲はそれほど必要ないので、足を鍛える必要はほとんど無い。
それだけに、打撃を鍛える期間が長く確保出来るのがメリット。
足が無いので、長打でカバーするためにも、パワーを優先させて上げるといいかも。
結果、クリーンナップ向き。
イメージとしては・・・
EBBB


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 一塁手
【守備だけでいいポジション】
一塁手
送球機会が少ないので、肩も鍛えるメリットは薄い。
結果、守備と捕球を上げておけば問題無し。
その分、もっとも打撃練習に時間を割けるポジションとなる。
是非、チームの4番バッターに育てたい。
イメージとしては・・・
EEBB


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン オートモード
以上は指示をしている時に気になる守備の能力なわけですが、オートモードの時は、多分、全てのポジションの守備力が関係していると思います。
ですので、一塁手の肩を伸ばすことも、捕手の走力を上げることも、決して無駄では無いと思われます。


関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.