栄冠ナイン2016攻略 強化アイテムの使用タイミング、私見。

実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 強化アイテム
手に入れた強化アイテムはどこで使うべきなのか?






実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン
いろいろと考え方はあると思いますが、公式戦の前に使うというのは一致した考え方かと思います。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン アイテム使用済み
まず頭に入れておかないといけないことは、あらゆる能力は、上がれば上がるほど、更に上げるのが難しくなるということ。
パワーEをパワーDに1ランク上げるより、パワーAをパワーSまで上げる方が、同じ1ランクの上昇でも時間がかかるのです。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 強化アイテム
ところがアイテムの上昇効果は一定です。
例えば画像の球速ボール極は球速が2km上がるアイテムですが、130kmのストレートを132kmにしますし、160kmを162kmにもします。
しかもアイテムを使えるのは一回だけ。
ですので、単に最終的な能力を考えるならば、出来るだけ後半につけるほうがいいということになります。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン クサイところ
しかし、ゲームの仕様上、3年生は夏の大会が終わった時点で引退になります。
優勝しない場合は、負けたところで終わりです。
ですので、当然ながら出来るだけ勝つ方がいいわけです。
甲子園で勝つと、凄まじく成長しますし、いい選手を育てるには、試合に勝つことがもっとも大切になります。
そして、試合に勝つには、能力が少しでも高い方がいいのは当たり前のこととなります。



実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン
ですので、アイテムは試合前に使えばより効果的ということになるのですけども、早く使えば使うほど、前述の通り、最終的な能力は上がりにくくなるというジレンマがあるわけです。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 名門維持
コツとしては、今のチームの状況次第ということになるかと思います。
私が思うアイテムを使うタイミングをまとめてみました。


【弱小・そこそこの頃】
少しでも試合に勝てる可能性を高めるのが優先されるので、秋の地方予選前から使ってもよし。
少なくとも夏の予選1試合めに使うといい。
ただし、どうせ勝てないと諦めて、チームが強くなるまでアイテムを温存するという作戦も当然あり。


【中堅】
予選を何試合か勝ち抜けるようになっており、場合によっては甲子園にも出場出来ている頃。
この頃になると、やはり夏の予選1試合前がベストかと。
プロ野球選手になる生徒も出だしているはずなので、プロにいけそうな主力選手にアイテムを重点的に使うというのも当然あり。


【強豪・名門】
甲子園の常連で、定期的に優勝も出来る頃。
この頃になると、甲子園初戦ぐらいまで我慢してもいいかと思います。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 本
一方で本は、偏差値が高ければ最高5冊使えますし、能力が伸びにくくなるといったこともないので、使いたいモノがある時はドンドン使っても良いかもしれません。
ただし、せっかく本でチャンスを上げても、試合の結果でチャンスが下がるといったこともありえます。
その場合、本を温存していたのであれば、下がったチャンスを本で上げ直すことが出来ますが、本を使い切っていれば、当然上げ直すことは出来ないので、そこは注意が必要です。


実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン 最終設定
卒業式の時の最終設定でもアイテムや本が使用できます。
最終的な能力だけを問うなら、ここでアイテムを使うのがベストということになるでしょう。
ただし、当然ながら、栄冠ナインの選手としては卒業してしまっているので、栄冠ナインのプレイには全く有利に働かないですけども。


↓↓その他、栄冠ナインの攻略記事は
栄冠ナインサイトマップ
関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.