ペナントで打率が乗りやすい選手【実況パワフルプロ野球2016】

pawap20160033.jpg
オートペナントで打率が乗りやすい選手を検証したいと思います。
ちなみにデータは2年目の2018年ですので、少し選手が成長したり劣化したりしていますが、今回は能力による打率の傾向を見るつもりなので、いつのデータでも問題はないでしょう。




pawap20160034.jpg
パワプロのオートペナントをやっている人なら、ミートの割に打率を残さない選手や、逆に能力の割に打率を残す選手がいたりするのは知っているかと思います。
今回の検証データだと、広島・丸はミートB79で打率.255と平凡な数字に終わりました。


pawap20160035.jpg
過去のデータを見ても、能力の割に打ってませんねぇ。
特殊能力の三振や対左投手Gが響いているものと思われます。
チャンスEも地味に効いているかと。
このように、基礎能力のミートだけでなく、特殊能力も大いに関係するのがパワプロペナントの世界です。


pawap20160036.jpg
この年の打率3割以上の選手を検証すると

ミート
S 1人
A 3人
B 8人
C 3人

となりました。
ミートC以下だと厳しいが、B程度あれば3割打てる可能性は十分あるというわけです。
ちなみに各リーグの首位打者は

パ・リーグ 秋山翔吾.336
セ・リーグ 川端慎吾.359


で、ミートそのものはBです。
どちらもアベレージヒッター・流し打ち・内野安打・固め打ちを持っており、左打者で走力がB以上でした。
この辺りの特殊能力が効いていそうですね。


pawap20160037.jpg
ということで、特殊能力を検証してみました。
今回のデータで打率三割を超えた選手についている特殊能力です。

1位 8人 53.3%
固め打ち
実に打率三割達成者の半分以上が持っていました。

2位 5人 33.3%
プルヒッター
意外にも流し打ちより持っている人多数。

3位 4人 26.6%
アベレージヒッター・流し打ち・粘り打ち・選球眼・積極打法
アベレージヒッターと流し打ちなどは納得の結果でしょうか。
人数は少ないものの、アベレージヒッターは両リーグの首位打者が持っていることから分かるように、かなり有効な特殊能力であるとは言えると思います。
積極打法は、どの程度関係しているのか不明ですが、少なくとも慎重打法は打率三割達成者に一人もいなかったので、その辺りは面白い傾向かも知れませんね。

これ以外は二人以下ということになりましたので、これといって傾向が出ているとは言えそうもないのです。



pawap20160038.jpg
次に低打率の選手の傾向を調べて見ました。
高打率の選手と、低打率の選手の傾向を比較すれば、打率を残す選手の傾向が見えてくるのではと考えたからです。
ということで、打率が.250に届かない選手のミートを調べて見ました。

ミート
C 2人
D 8人
E 8人
F 7人
G 1人


という結果になりました。
当たり前ですが、ミートが低いほど低打率になる傾向で、この中でも特に打率が低い打率1割台の選手は、計6人居ましたが、そのうち5人はミートFであり、一人だけがミートEでした。
ただ、ミートCでも.250に届かない可能性はあり、ミートDに至っては、届かなくても仕方がないという能力であることが言えると思います。


pawap20160039.jpg
続いて特殊能力です。

1位 10人 38.4%
三振
もっとも多いマイナス特殊能力となりました。
単に三振が増えるだけでなく、明らかに打率にも悪影響を与えていそうです。

2位 8人 30.7%
積極打法
高打率の場合でも多い積極打法でしたが、低い能力で積極的に打ちに行くことは、低い能力を補うことにはならないようです。
ちなみに打率三割達成者には一人もいなかったのミート多用と慎重打法ともに4人いました。
ようするにどう打とうが、能力低ければダメってことで(笑)


pawap20160040.jpg
【まとめ】
(1)ミートは高い方がいい。
 三割を打つには最低ミートC、出来ればミートB以上が望ましい。
 ミートCでも打率.250に届かないこともあり、ミートD程度だと安定しない。

(2)固め打ち・アベレージヒッター・プルヒッター・流し打ち・選球眼あたりが打率に影響していそう。
特にアベレージヒッターは、首位打者を目指すには欲しい特殊能力。

(3)三振は打率に悪影響を及している可能性が高い。

といった感じです。
ただしアベレージヒッターは、せっかく付けても剥奪される可能性がありますし、三振はせっかく削除しても、また付く可能があります。
アベレージヒッターは、300打席立っている選手だと.270以下で剥奪の可能性。
三振はシーズン110三振で再取得の可能性があるので、成績を見ながら、上手く調整したいところです。
一番打率が高めで安定するのは、ミートB以上でアベレージヒッターが付いていることだと思います。

※チャンス・固め打ち・アベレージヒッター・広角打法などほとんどの特殊能力は、ベテランからの伝授で取得可能ですが、三振は三振削除のコーチが必要・・・と思っていましたが、粘り打ちで打ち消すことが可能でコメントいただきました。
皆様、ご活用ください。



↓その他のペナント情報もチェック
実況パワフルプロ野球2016ペナント関係サイトマップ


関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


> ムラが出やすい印象がありますね。

まあ、その辺りが面白いと思っていたりしますけどもww


> ちなみに三振は架空コーチからの三振削除以外でも粘り打ちを三振持ちの選手に伝授させることで粘り打ちは取得出来ないですが、三振が削除されるという仕様があるので覚えておいて損はないです。

それは知りませんでした。
粘り打ちは伝授出来ますから、助かりますねぇ。


どうもです。

前VerのミートA+アベヒ持ちの秋山でも.310前後でシーズン終了したりと悪くはないですが、能力を考えると少々物足りない成績に落ち着くことが意外とあったのでどうしても打率はムラが出やすい印象がありますね。
今回のVerでミートSに到達したロッテの角中でも.300打てずにシーズンを終えたりする時が割とあったり逆にミートDぐらいの選手でも.300越えたりと…。

個人的には一番打者にはチャンスメーカーを付けたり、足の早い左打者には内野安打○を付けたりなどするとそこそこのミートでも打率が残しやすくなる感じがします。
あとは確かに選球眼もオススメですね。

ちなみに三振は架空コーチからの三振削除以外でも粘り打ちを三振持ちの選手に伝授させることで粘り打ちは取得出来ないですが、三振が削除されるという仕様があるので覚えておいて損はないです。
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.