阪神タイガース一軍投手一覧ver1.03【パワプロ2016】

パワプロ2016 藤浪晋太郎 1.03&1.04
【先発ローテーションついて】
若きエース藤浪晋太郎と岩貞祐太、そしてメッセンジャーの3本柱は活躍するが、それ以外の投手のランクはかなり落ちる。
しかもメッセンジャーが高齢なので、早急に世代交代が必要というのもネック。
これといった次世代投手もいないので、海外留学でブーストするなどしていかないと、数年後メッセンジャーが抜けた後は悲惨なことになる。
しかも、タイガースはリリーフも弱いので先発だけ立て直せばいいというわけでも無いのが難しい。
なにより、貧弱な打撃陣をバックに投げさせる必要があるのが実は一番痛いのだが(笑)





パワプロ2016メッセンジャー1.03
パワプロ2016メッセンジャー1.03
メッセンジャー 34歳
SFFの変化量がダウンしたが、ドロップカーブの変化量が増して総変化量は変わらず。
対ピンチがF→Cに改善したが、奪三振・キレ○を失った。
しかしなにより、負け運が消えたのが非常にありがたい。
負け運が消えたことだけを考えても、能力上昇のアップデートと言えるだろう。
オートペナントで投げさせても普通に抑える。
高齢のため、初年度からみるみる衰えるが、2年目ぐらいまではローテーションを守ってくれるだろう。
実物はチーム最多の135回2/3を投げ、ローテーションを守り続けている。
奪三振130個はリーグ2位。

実物の成績
防2.92 9勝6敗 8/3時点


パワプロ2016能見篤史1.03
パワプロ2016 能見篤史 1.03
能見篤史 36歳
変化球の配置はかわらぬものの、変化量は増減している。
ただし、総変化量は変わらず。
広島キラーを失ったが、ノビE→Dと改善しているので、少しだけ能力上昇のアップデートと言えるだろう。
しかし赤特能が多く、オートペナントではあまり活躍しない。
なにより初年度から衰える。
ローテーションの谷間で時々投げさせるぐらいが関の山といった感じ。
ゲーム開始時から特能伝授が可能だが、特にこれといった青特能が無いのも難。
ただし、スタミナのある投手自体が貴重なので、自由契約にせず、しばらくは置いておく方が無難と思われる。
実物は先発ローテーションに定着。
打てれる時と、抑える時のムラが激しい。

実物の成績
防3.60 6勝9敗 8/3時点


パワプロ2016 藤浪晋太郎 1.03&1.04
パワプロ2016 藤浪晋太郎 1.03
藤浪晋太郎 21歳
コントロールが僅かに劣化し、ノビがB→Cにダウンするなど能力低下のアップデートとなった。
しかし、オートペナントでは防御率2点台前半で安定するなど無双する。
最多勝・奪三振など投手タイトルの常連にもなるはずだ。
パワプロでは投手にコントロールが不要なんじゃないか?と思わせる投手である。
三振を取りまくるせいか、普通にローテーションで回しておくと、しばらくしてキレ○が脅威の切れ味に昇格することがほとんど。
唯一の欠点は、早熟なことが多いこと。
それでも初期値はかなり高いので、長くローテーションを守ってくれる。
実物は先発ローテーションを守っているが現在5連敗中。
シーズン中というのに投球ファームを変更するなど苦しんでいる。

実物の成績
防3.54 4勝7敗 8/3時点


パワプロ2016 岩貞祐太 1.03
パワプロ2016 岩貞祐太 1.03
岩貞祐太 24歳
どこが上がったか書ききれないほど能力が上昇。
原口に続く、タイガースにとって目玉のアップデートである。
これにより、オートペナントでも大活躍する。
藤浪の影に隠れて目立たないが、毎年防御率2点台程度で収まることが多い。
しばらくは藤浪との二枚看板ということになる。
実物はシーズン序盤こそ巨人・菅野と防御率のタイトルを争うほどの活躍だったが、最近は打ち込まれることが多く、平凡な防御率になっている。
昨日、7月10日以来の勝ち星を手に入れた。

実物の成績
防3.64 5勝7敗 8/3時点


パワプロ2016 岩崎優 1.03
パワプロ2016 岩崎優 1.03
岩崎優 24歳
アップデートによる能力の変更はなし。
年齢を考えるとまずまずの能力なのだが、なにより負け運が痛い。
しかも、パワプロの岩崎は抑えない。
負け運は「抑えるのに勝てない投手」につくものだと思うのだが、岩崎は3点台後半かに4点台程度の防御率になる。
この程度の能力で負け運を付けるのは、ホント止めていただきたいものである。
実物は先発ローテーションに定着。
負けが先行しているが、この程度の防御率で負け運と言われてもねぇ、って話である。

実物の成績
防3.47 2勝4敗 8/3時点


パワプロ2016 安藤優也 1.03
パワプロ2016 安藤優也 1.03
安藤優也 38歳
基礎能力は変わらないが、対ピンチF→D、対左打者F→Cと改善。
中日キラーは失ったが、総合すると能力上昇のアップデートとなった。
このため、1年目はセットアッパーとして活躍することもある。
高齢のため、みるみる衰えるので、活躍しても一年だけと覚悟すべきだろう。
一応、ゲーム開始時点から特能伝授は可能だが、これといった特殊能力が無いのが残念。
実物は例年通りセットアッパーに定着。
ここ数年は「他にいないので、仕方なくセットアッパーにしていた」感じだが、今年は防御率も素晴らしい。

実物の成績
防1.48 0勝1敗10HP0S 8/3時点



パワプロ2016 藤川球児 1.03
パワプロ2016 藤川球児 1.03
藤川球児 35歳
各種能力が下がったが、特にカットボールを失い、コントロールがD→Fに下がったのが目立つ。
実物が先発転向に失敗したのを表現するためか、スロースターターが付き、四球も付いた。
結果、大幅劣化のアップデートとなった。
オートペナントではほとんど使いものにならない。
実物はシーズン序盤、先発で起用されていたが結果が出ず、本来のリリーフに戻った。
5月には4年ぶりのセーブを達成し、7月には日米通算1000奪三振を達成。
現在はセットアッパーに定着しつつある。
リリーフになってからは、まずまず抑えている。

実物の成績
防4.26 4勝5敗13HP2S 8/3時点


パワプロ2016 榎田大樹 1.03
パワプロ2016 榎田大樹 1.03
榎田大樹 29歳
速球と変化球は少しダウンしたが、コントロールがF→Eに上昇。
対ピンチがG→Cと改善し、四球も無くなったので、総合すると能力上昇のアップデートと言える。
このためか、オートペナントではわりと活躍することが多い。
先発ローテーションを守らせる程ではないが、先発・中継ぎで起用すると、高いスタミナも活かせ、成績も落ち着く傾向のようだ。
実物は既に35試合に登板。
30試合以上の登板は2012年以来となる。
ただし、大抵は敗戦処理なので、阪神ファンとすると、テレビを付けた時に榎田が映ると「ああ・・・」ってなる(笑)
現在は故障で戦線離脱中。

実物の成績
防4.31 1勝1敗4HP0S 8/3時点


パワプロ2016 島本浩也 1.03
パワプロ2016 島本浩也 1.03
島本浩也 23歳
フォークの変化量は上昇したが、コントロールがE→Fと劣化。
ノビがF→Eと少し改善も、四球が付いた。
総合すると少し能力ダウンか。
赤特能が足を引っ張るのか、オートペナントではほとんど結果を出さなかった。
実物は一軍・二軍を行ったり来たりしていたが、最近はリリーフに定着しつつある。
7月24日には球団初となる1球勝利を果たした。

実物の成績
防2.19 1勝0敗1HP0S 8/3時点


パワプロ2016 田面巧二郎 1.03
パワプロ2016 田面巧二郎 1.03
田面巧二郎 25歳
アップデート1.03追加選手。
速球は頼もしいが、他にこれといった長所はない。
リリーフならば抑えることもあると思われるが、検証プレイでは活躍しなかった。
実物は育成契約だったが、4月に支配下登録を勝ち取った。
5月にリリーフとして4試合起用されたが、結果が出ず。
ファームでも22試合で防御率5.01と厳しい。

実物の成績
防6.23 0勝1敗1HP0S 8/3時点


パワプロ2016 髙橋聡文 1.03
パワプロ2016 髙橋聡文 1.03
髙橋聡文 32歳
スライダーの変化量、コントロールなどが劣化。
ノビがE→C、ケガしにくさがF→Eと改善しているが、総合すると少し能力ダウン。
そのためか、検証プレイでは使いものにならない成績だった。
まだ35歳になっていないが、プロ年数の都合で最初から特能伝授が可能。

実物の成績
防6.23 0勝1敗1HP0S 8/3時点


パワプロ2016 マテオ 1.03
パワプロ2016 マテオ 1.03
マテオ 31歳
コントロールが急降下してD→Gに。
またノビがD→Fと悪化した。
それでも、キレ○がついたおかげが、ストッパーで使うと結果を出すことが多い。
このマテオと、藤浪を見る限り、キレ○が最強特殊という気がしないでもない。
実物はストッパーとして起用されていたが、途中でドリスと交代。
最近は中継ぎ起用が多い。

実物の成績
防2.18 1勝2敗7HP11S 8/3時点




↓その他アップデート1.03の選手一覧はコチラ
実況パワフルプロ野球ver1.03選手一覧サイトマップ
関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし


> 現実では毎回性懲りもなく初回に失点していて進歩のない投手と呆れている藤浪ですが、こちらの今Verではまだまだ素晴らしい投手です。
> 岩貞も現実ではシーズン中頃からやたら満塁アーチを喰らってばかりでそちらも呆れてましたが、こちらの今Verでは鍛える所が特にないぐらい別人の能力。
> ただ次回の選手データ更新ではこの二人もがっつり劣化しそうで考えると泣きたくなりますね…w

岩貞は劣化間違いなしでしょうねぇ。
ある意味、いい時期の能力でアップデートされて、いい思い出になったと思うこととします(笑)

> またメッセは直に回復特能を指導出来るので劣化してもしばらくはチームに置いておきたい存在です。

ベテランリリーフたちに誰もついていないので、メッセンジャー頼りですよね。
今回、回復持ちが結構少ない気がします。


> ちなみにコントロールGのマテオを抑えに使うのは個人的に正直嫌だったのでしばらく抑えにはドリスを使ってました。
> 次回のVerでは中継ぎ適性も上がってると思うのでそうなったら自分もマテオをちゃんと使います。(汗)

マテオもドリスも良いのか悪いのか、よくわかりませんねぇ。
防御率を見ると、まずまずなのですけども。
オ・スンファンのように、高年俸の抑えの方が、首脳陣の迷いが無くなって良い気がします。
高いの獲ったんやから、抑えでつかうでぇってなもんで。

どもです。

現実では毎回性懲りもなく初回に失点していて進歩のない投手と呆れている藤浪ですが、こちらの今Verではまだまだ素晴らしい投手です。
岩貞も現実ではシーズン中頃からやたら満塁アーチを喰らってばかりでそちらも呆れてましたが、こちらの今Verでは鍛える所が特にないぐらい別人の能力。
ただ次回の選手データ更新ではこの二人もがっつり劣化しそうで考えると泣きたくなりますね…w

またメッセは直に回復特能を指導出来るので劣化してもしばらくはチームに置いておきたい存在です。

ちなみにコントロールGのマテオを抑えに使うのは個人的に正直嫌だったのでしばらく抑えにはドリスを使ってました。
次回のVerでは中継ぎ適性も上がってると思うのでそうなったら自分もマテオをちゃんと使います。(汗)
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.