阪神タイガースニ軍投手一覧(1)ver1.03【パワプロ2016】

パワプロ2016 マテオ 1.03&1.04
【リリーフ投手陣について】
パワプロでは、先発よりリリーフの方が防御率がよくなる傾向があり、このため、これといったリリーフが居なくてもなんとかなることが多い。
球が速いから使ってみた。みたいな投手が案外セットアッパーとして大活躍することがある。
しかし、そんなパワプロの世界でもタイガースのリリーフ陣は弱い。
検証プレイでも、初めてセットアッパーを定着させることが出来無かった。
そんな中、マテオとドリスの助っ人リリーフは活躍することが多い。
この二人を使った場合、メッセンジャーを含めて投手3人で外国人枠を使ってしまうことになる。
タイガースは打撃も弱いので、野手にも外国人枠を使いたいところ。
監督の手腕が問われるところだ。










パワプロ2016 岩田稔 1.03&1.04
パワプロ2016 岩田稔 1.03&1.04
岩田稔 32歳
フォークの変化量が劣化し、打たれ強さがE→Fと劣化している。
基礎能力だけならローテーションクラスだが、これだけ赤特能が多いと、やはり数字は悪くなりがち。
年齢的にも衰え始めるので、あまり戦力にはならないだろう。
それでもスタミナはあるので、時々谷間で投げさせるぐらいはあるかも。
実物もシーズン序盤は先発ローテーションに入っていたが、毎試合炎上してファーム落ち。
ファームでも7試合で防御率5.17と復帰の目処が立たない。

実物の成績
防7.11 0勝3敗 8/4時点


パワプロ2016 横山雄哉 1.03&1.04
パワプロ2016 横山雄哉 1.03&1.04
横山雄哉 22歳
速球は落ちたが、チェンジアップを覚えたり、コントロールが上昇したりと、総合的には成長のアップデート。
年齢を考えると十分に高い能力で、海外留学候補の一人。
将来はローテーションに食い込ませたい。
実物は5月に3試合先発し好投。
ローテーション定着かと思ったが、左肩痛で戦線離脱。
以降、一軍登板は無い。

実物の成績
防2.93 2勝0敗 8/4時点


パワプロ2016 石崎剛 1.03&1.04
パワプロ2016 石崎剛 1.03&1.04
石崎剛 25歳
新球種カーブを覚え、コントロール、速球ともに成長。
奪三振は失ったが、四球が無くなるなど、総合的には成長のアップデート。
いかにもリリーフで活躍しそうな能力だが、検証プレイではイマイチ結果を出さなかった。
基礎能力より、キレ○やノビなどの特殊能力を伸ばした方が良いかも知れない。
実物は防御率こそいいものの、四球連発の内容を考慮されたようで二軍落ち。
ファームでの防御率4.26が、その判断の正しさを物語っている。

実物の成績
防1.69 0勝0敗3HP0S 8/4時点


パワプロ2016 歳内宏明 1.03&1.04
パワプロ2016 歳内宏明 1.03&1.04
歳内宏明 22歳
基礎能力は変わらないが、ノビや対ピンチが劣化するなど能力ダウンのアップデート。
検証プレイでは数年後成長してからようやく活躍し、最終的にはストッパーにするだけの活躍をした。
実物はシーズン序盤にリリーフ登板。
防御率はまずまずだが、こちらも制球に難があり、9回を投げて5四球。
4/27に4失点を食らって以降は登板無し。
ファームでも防御率8.10と厳しい。

実物の成績
防3.00 0勝0敗2HP0S 8/4時点


パワプロ2016 福原忍 1.03&1.04
パワプロ2016 福原忍 1.03&1.04
福原忍 39歳
速球・変化球が劣化し、緩急○が無くなるなど、特殊能力も幾つか能力ダウン。
いいところなしのアップデートとなった。
流石に試合で使っても活躍しない。
特能伝授出来る年齢だが、速球中心しか伝授できるものがないので、初年度で引退してもらおう。
実物もシーズン序盤はセットアッパーとして投げていたが、成績が安定せずファーム落ち。
ファームでも26試合で防御率5.09と復活出来ていない。

実物の成績
防5.40 0勝0敗4HP0S 8/4時点



パワプロ2016 ドリス 1.03&1.04
パワプロ2016 ドリス 1.03&1.04
ドリス 28歳
速球はダウンしたが、コントロール・スタミナ・変化球の全てが上昇。
奪三振もつくなど能力上昇のアップデートとなった。
このためか、オートペナントでは活躍することもある。
選手枠の問題で起用が難しいが、タイガースではそもそも抑え適正の投手がいないので、マテオが使えない場合は、ドリスを起用することが多いはず。
まだ多少ノビシロもある。
実物は「登板したらまず四球でランナーを出さなければならない」という特別ルールでもあるのかと思うほど四球を出していたが、それも落ち着き、マテオに代わってストッパーを務めて活躍した。
しかし7月後半に故障し、現在は戦線離脱。

実物の成績
防2.12 3勝3敗12HP8S 8/4時点


パワプロ2016 二神一人 1.03&1.04
パワプロ2016 二神一人 1.03&1.04
二神一人 28歳
基礎能力に変更は無いが、回復がF→Eに改善。
しかしノビや対左打者がダウンしたので、総合すると少し能力ダウンのアップデートとなった。
これといった弱点は無いが、これといった長所も無く、あまり活躍しない。
それでもスタミナはそこそこあるので、先発不足のタイガースでは投げさせる機会はあるはず。
覚醒すると化けそうな能力ではある。
実物はファームで24試合に登板し防御率0.99と無双中。
そろそろ一軍昇格もありそうだ。

実物の成績
登板無し 8/4時点


パワプロ2016 岩本輝 1.03&1.04
パワプロ2016 岩本輝 1.03&1.04
岩本輝 23歳
アップデートによる能力の変更は無し。
年齢を考えると十分に高い能力だが、検証プレイではあまり活躍しなかった。
それでもスタミナはあるので、使う機会は少なくないはず。
海外留学に出せば、ローテーションクラスに成長しそうではある。
実物はファームで12試合に登板し、防御率3.38と凡庸な数字。

実物の成績
登板無し 8/4時点


パワプロ2016 青柳晃洋 1.03&1.04
パワプロ2016 青柳晃洋 1.03&1.04
青柳晃洋 22歳
スタミナは上がったが、コントロールは猛烈に劣化してD→Fに。
変化球はスライダー・シンカーから、Hシュート・スライダーに切り替わって、総変化量は増加している。
※テレビでは高速シュートではなく、ツーシームと言っているけど。
成長したのか評価が難しいが、スタミナが増えたので、使う機会は増えるだろう。
検証プレイでは、いつまでたっても谷間の先発か敗戦処理といった起用になった。
実物は最近、先発ローテーションに定着しており、コントロールFの評価に違わない四球連発ぶりであり、37回で28四死球。
次のアップデートがあるなら、間違いなく四球がつくだろう。
本日は4回持たずにノックアウトされた。

実物の成績
防4.38 3勝2敗 8/4時点


パワプロ2016 秋山拓巳 1.03&1.04
パワプロ2016 秋山拓巳 1.03&1.04
秋山拓巳 24歳
アップデートによる能力の変更はなし。
モブドラフトの先発タイプのような能力だが、スタミナがあるので、先発ローテーション候補に鍛えあげたい能力ではある。
ただし、これといった青特能が無いせいか、検証プレイでは活躍しなかった。
海外留学でブーストすれば、一花咲かせそうではある。
パワプロでは先発適正の秋山だが、実物はリリーフとして2試合に登板し、そのどちらもで失点した。

実物の成績
防10.80 0勝0敗 8/4時点


パワプロ2016 竹安大知 1.03&1.04
パワプロ2016 竹安大知 1.03&1.04
竹安大知 21歳
アップデートによる能力の変更はなし。
年齢を考えると普通の能力。
最初からスタミナはまずまずなので、基礎能力を鍛えて海外留学も絡ませれば、ローテーション入りも狙える。
成長期に入る前に、メッセンジャーあたりから回復のコツを教えてもらっておこう。
実物はファームで防御率4.91と凡庸な数字。

実物の成績
登板無し 8/4時点


↓その他アップデート1.03の選手一覧はコチラ
実況パワフルプロ野球ver1.03選手一覧サイトマップ
関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし


> 自分はこの中では横山、石崎、歳内、秋山、岩本あたりを使っていってました。

パワプロはコーチや海外留学などで、かなり育成の結果が変わるので面白いですよね。
まあ、タイガースの場合、チームが弱くて、なかなかペナン島などは行けませんが(汗)


> また自分の場合は一年目に野手が誰もゴールデングラブを取れず初年度にヨーロッパ留学に行けなかったので(泣)、数年はドリスに何とか頑張ってもらってまして。

管理人の検証プレイの時は、1年目は活躍。
2年目は少し能力が伸びたのに炎上しました。
リリーフは防御率が動きやすいので、よくわかりませんね。


> ちなみに岩田は前VerからクイックFで、低下した特能は打たれ強さ(E→F)ですよ。

ありがとうございます。
修正しました。

どもです。

自分はこの中では横山、石崎、歳内、秋山、岩本あたりを使っていってました。
横山は万全を期してケガしにくさを一段階改善した後に全能力をまんべんなく、石崎はコントロールと変化球、歳内はコントロール、秋山は変化球、岩本はシュート以外の変化球と基本能力をまんべんなくアップさせながらヨーロッパ、アフリカ、コリアの三つの海外留学を上手く使って主力に鍛えていった所です。
横山は覚醒したので彼は留学入らずとなったのはありがたかった限り。

また自分の場合は一年目に野手が誰もゴールデングラブを取れず初年度にヨーロッパ留学に行けなかったので(泣)、数年はドリスに何とか頑張ってもらってまして。
中継ぎ&抑え両方適性ありで使い勝手は悪くなく、球の速さとツーシーム合わせて仮にも三球種持ちに奪三振持ちなので確かに結構抑えてくれてました。

ちなみに岩田は前VerからクイックFで、低下した特能は打たれ強さ(E→F)ですよ。
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.