阪神タイガース内野手一覧ver1.03【パワプロ2016】

パワプロ2016 鳥谷敬 1.03&1.04
長くショートを守り続けてきた鳥谷敬の大幅劣化により、チーム構成を根本的に見直す時期に来ている。
ただ、ショートの方は次世代の北條が育ってきているので、それほど問題は無い。
むしろ問題は、高齢化が進む他のポジションで、特にサードはヘイグが外れだったためにこれといった選手がいない。
突き抜けた選手は居ないが、控えの層は厚めなので、調子や左右で使い分けて凌ぎながら、戦力を整えて行きたい。
長打力不足のチーム事情からいって、どう考えてもサードにはパワーヒッターが欲しいが、初年度は選手枠が一人しか空いていないので、外国人獲得のチャンスは1回きりなのが辛い。
オフに大量解雇で、選手枠を開けると、編成に柔軟性が出てくる。





パワプロ2016 今成亮太 1.03&1.04
パワプロ2016 今成亮太 1.03&1.04
今成亮太 28歳
ミートが少しだけダウンし、ツバメキラーを失った。
言われないと分からない程度の能力変更で、ほぼ前verと変わらない。
パワー以外の基礎能力は高く、三塁手としては球界屈指の守備力を誇る。
ミートもCあるのだが、なにせ赤特能が多く、成績は安定しない。
それでもヘイグの能力が大幅ダウンしたこともあり、実質、サードレギュラーは今成ということになるだろう。
実物は超変革の元に起用される北條にポジションを奪われ、代打や守備固めなどの起用がメインになっている。
現在はファーム。
正直、干されてる感をはある。

実物の成績
打.235 0本3点1盗08/5時点


パワプロ2016 鳥谷敬 1.03&1.04
パワプロ2016 鳥谷敬 1.03&1.04
鳥谷敬 34歳
アップデート1.03で、おそらくもっとも能力が下がった選手ではないだろうか。
シーズン途中のアップデートということで、打撃成績により、打撃系の能力が変更されるのはよくある話だが、守備を含めたパワー以外の全ての基礎能力が劣化。
もちろん、守備職人も剥奪された。
パワプロの査定員が見ても、目に余る守備の劣化だったということだろうか。
守備D→F、捕球B→Eと守備のいい選手から、悪い選手に生まれ変わってしまった。
さすがにこのままショートを守らせるのは厳しい能力だ。
また打撃能力の方も、低い守備力を我慢して使うほど高いわけではない。
代打要員に切り替えるべきだろう。
試みに鳥谷をショートにして対戦プレイすると、泣きたくなるほど守備範囲が狭い。
ただしコーチとしては優秀で、特能伝授が初年度から可能なので、若手の身体をケガから守ったり、ストライク・ボールの見極めを指導させよう。
実物も好守に不調が続き、続けていたフルイニング出場が667試合で止まった。
しかし、首脳陣は年による衰えというよりも、疲れによる不調と考えているらしく、数試合休養後に復帰となった。
数年前からUZRなどの守備指標で明らかに守備能力の衰えが感じられるだけに、オフにはコンバートを敢行してもらいたいと切に願う。
なおフルイニング出場はストップしたが、連続試合試合は継続中である。
お散歩オジサンぶりは相変わらずで、四球65個は山田哲人に次ぐリーグ2位。

実物の成績
打.246 6本31点11盗 8/5時点


パワプロ2016 上本博紀 1.03&1.04
パワプロ2016 上本博紀 1.03&1.04
上本博紀 29歳
アップデートによる能力の変更はなし。
西岡が劣化したため、セカンドレギュラー候補の一番手。
シーズンオフに鳥谷が劣化したショートにコンバートしておくと、ユーティリティプレイヤーとして使いやすくなる。
いずれにせよ、レギュラー固定するほどの実力はなく、ケガ持ちなので、調子を見ながら使うという起用になるだろう。
実力は打撃不振で一軍に定着出来ず。
ファームでは打率.335 5本と無双しているだけに、一軍で結果を出したい。

実物の成績
打.103 0本1点1盗 8/5時点



パワプロ2016 ゴメス 1.03&1.04
パワプロ2016 ゴメス 1.03&1.04
ゴメス 31歳
ミートは1だけ上昇も、対左投手がD→Fと大幅劣化した。
ケガしにくさBがついたのはありがたいが、能力ダウンのアップデートといえるだろう。
それでもタイガースでは貴重な長打を打てる選手。
能力が衰えるまで、しばらく使うことになるだろう。
実物は鳥谷敬に次ぐチーム2番めの101試合に出場。
原口が好調なため、下位打線を打つこともあるが、調子が上がってきている。

実物の成績
打.273 19本70点2盗 8/5時点


パワプロ2016 北條史也 1.03&1.04
パワプロ2016 北條史也 1.03&1.04
北條史也 21歳
ミートが急上昇F→Dと成長。
守備能力も上がっており、年齢を考えると申し分のない能力となった。
既にほとんどの能力が鳥谷を上回っており、北條を無視して鳥谷を使う理由はパワプロ的には無い。
晩成の事が多く、そのため若い北條は能力が伸びにくいが、長くタイガースのショートを守ってくれるだろう。
どうせチームも弱いので、序盤に海外留学に行かせて、能力をブーストするのも悪く無い。
実物はサードとセカンドをメインにレギュラーに定着。
鳥谷がスタメン落ちした時はショートを守った。
去年まで1試合しか出場が無かった選手だけに、この後どういう成績に終わろうと飛躍の一年となったと言えるだろう。
唯一のホームランは、プロ初安打でもある。
流石にもう少し長打も欲しい。

実物の成績
打.251 1本16点3盗 8/5時点



パワプロ2016 西岡剛 1.03&1.04
パワプロ2016 西岡剛 1.03&1.04
西岡剛 31歳
ミートは少し上がったが、それ以外の能力は軒並み劣化。
打力はまずまずだが、セカンドレギュラーで考えると守備能力が厳しい。
調子のいい時だけの起用で良いだろう。
せめて左に強ければ、左に弱い上本と併用出来て役割を持たせやすかったのだが・・・。
実物は打撃好調でレギュラーに定着しつつあったが、アキレス腱断裂で戦線離脱。
コナミの今回のアップデートで、ケガしにくさもF→Gとさらに悪化しているが、まるで予言したようで空恐ろしい(汗)

実物の成績
打.295 0本15点6盗 8/5時点


パワプロ2016 ヘイグ 1.03&1.04
パワプロ2016 ヘイグ 1.03&1.04
ヘイグ 30歳
走力と肩以外の全ての基礎能力が劣化。
特にミートC→Fと、パワーC→Dと打撃能力がダウンしたのは、助っ人として厳しい。
一軍においておく価値は特に無いだろう。
早急に別の助っ人を探したいところだ。
実物はシーズン序盤は使われていたが、結果が出せず二軍落ち。
ファームでは打率.339と無双しているが、ホームランが2本では、一軍昇格は無さそうである。

実物の成績
打.231 2本11点1盗 8/5時点


パワプロ2016 新井良太 1.03&1.04
パワプロ2016 新井良太 1.03&1.04
新井良太 32歳
アップデートによる能力の変更はない。
ミートはGだが、対左投手Bがあるので、左キラーとしてなら、まだ多少は使える。
左弱い今成と、左右で併用してもいいだろう。
ただし、守備はかなり酷い。
実物も打率は2割に乗らない。
対左投手は.222。
パンチは魅力だが、もう少し打率が欲しい。

実物の成績
打.169 3本8点1盗 8/5時点


パワプロ2016 陽川尚将 1.03&1.04
パワプロ2016 陽川尚将 1.03&1.04
陽川尚将 24歳
ミートが少し上昇しGミートFに。
また外野を守れるようになった。
結果、能力上昇のアップデート。
それでも攻守に能力が低く、海外留学か覚醒でブーストしないと、レギュラーへの道は遠いだろう。
実物はファームで打点王を取るなど好調で、一軍昇格を果たし、プロは初出場を果たし、プロ初本塁打も放った。
打撃が売りの選手だけに、打撃に安定性が欲しい。

実物の成績
打.170 1本2点0盗 8/5時点


パワプロ2016 植田海 1.03&1.04
パワプロ2016 植田海 1.03&1.04
植田海 19歳
アップデートによる能力の変更はない。
まだ若いが、足にしか長所がなく、覚醒・海外留学無しでレギュラーを獲るのは難しいだろう。
実物はファームで打率.124。
高卒ルーキー2年目とはいえ、さすがに酷い。

実物の成績
試合出場無し 8/5時点



パワプロ2016 西田直斗 1.03&1.04
パワプロ2016 西田直斗 1.03&1.04
西田直斗 22歳
アップデートによる能力の変更はない。
若いとはいえ、あまりにも低い能力。
これでは架空ドラフト選手との競争に勝って、レギュラーを掴むことはほぼ絶望的だろう。
実物はファームで打率.235と凡庸な成績。

実物の成績
試合出場無し 8/5時点


パワプロ2016 森越祐人 1.03&1.04
パワプロ2016 森越祐人 1.03&1.04
森越祐人 27歳
アップデートによる能力の変更はないが、鳥谷の劣化により、相対的に存在価値は上昇している。
守備は良いので、打撃を少し鍛えれば、北條のバックアップ要員として申し分ない。
キャンプのたびにコンバートして、ユーティリティプレイヤーに育てれば、更に存在感を増す。
実物はファームでレギュラーだが、打率.216と凡庸な数字。

実物の成績
試合出場無し 8/5時点


パワプロ2016 坂克彦 1.03&1.04
パワプロ2016 坂克彦 1.03&1.04
坂克彦 30歳
アップデートによる能力の変更はなし。
この歳で、この能力はかなりキツい。
初年度で自由契約でいいだろう。
唯一の存在価値はファーストの守備で、ゴメスの守備固めに使えなくはないのだが・・・。
実物はファームで打率.168と厳しい数字。
クビが寒くなっている頃だろう。

実物の成績
試合出場無し 8/5時点


パワプロ2016 荒木郁也 1.03&1.04
パワプロ2016 荒木郁也 1.03&1.04
荒木郁也 27歳
アップデートによる能力の変更はなし。
パワーに成長制限がかかっているらしく育たないので、ミートを鍛えていくしか無い。
足はあるので、覚醒すれば、一軍昇格もあるかも知れない。
実物は西岡が離脱したこともあり、スタメンでの起用が増えている。
レギュラーを獲るチャンスなだけに、もう少し打撃で結果を出したい。

実物の成績
打.235 0本1点1盗 8/5時点


↓その他アップデート1.03の選手一覧はコチラ
実況パワフルプロ野球ver1.03選手一覧サイトマップ
関連記事

テーマ : 実況パワフルプロ野球2016
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし


> 最初に鳥谷の守備Fを見た時はギョッとしましたね…これじゃもうショート守れないよ!と。

今回のアップデートで一番衝撃的でした。
しかし納得でもあります。

> 自分の場合、数年多少無理に使って辛くも2000本安打を達成させてささっと打撃コーチにしましたが育成力Aはともかく伝授出来るのは満塁男と選球眼という微妙さ…無難にいくなら代打とケガしにくさ伝授要因です。(泣)

特殊能力が強いパワプロでは、指導力が高いからと言って使いにくいですよねぇ。
いい特殊能力を持っていても、ずっと使っていると、そのコーチが持っている特殊能力が行き渡ってしまいますし。
かと言って、誰がコーチでもあまり特色がないプロスピのコーチより、パワプロの仕様の方が気に入っていますけども。


> 現状、ショートを北條にして二塁に外野同様の守備力に上がった大和を持ってくれば二遊間はかなり良くなるので守備だけなら個人的にこれがいいかと思います。

大和は結構打ってくれますしね。
管理人も大和・北條の二遊間で行ってました。

どもです。

最初に鳥谷の守備Fを見た時はギョッとしましたね…これじゃもうショート守れないよ!と。
自分の場合、数年多少無理に使って辛くも2000本安打を達成させてささっと打撃コーチにしましたが育成力Aはともかく伝授出来るのは満塁男と選球眼という微妙さ…無難にいくなら代打とケガしにくさ伝授要因です。(泣)

となるとショートは北條で決まりですが、彼は彼でまだ若いのに晩成タイプなことがほとんどなのでそうなると海外留学させないと向こう5年はまともに成長しないという独自の悩みがあって…。

一塁は多少の不満はあれどゴメスで確定ですが二塁は上本と西岡がどちらもケガしやすく、三塁はヘイグや新井良が打撃はおいても守備が酷く、守備のいい今成は赤特が多く打撃成績が乗りにくいと内野の面々の大半が打撃か守備がよろしくないという…辛いです。(爆)

現状、ショートを北條にして二塁に外野同様の守備力に上がった大和を持ってくれば二遊間はかなり良くなるので守備だけなら個人的にこれがいいかと思います。
アドセンス広告
アイモバ広告
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

Author:ゲーム仙人
ゲーム仙人のブログへようこそなのじゃ。
主にRPGやSLGのレビュー・プレイ日記・攻略なんぞを更新していく予定じゃ。
プロスピやパワプロなどのペナントもSLGとして遊んだりしておるぞ。
年寄りなのでアクションは苦手なので、出来るだけアクション要素のないゲームをプレイしておる。
面白いゲームであれば、家庭用・PCを問わず、18禁も問わずじゃ。
最新のゲームはもちろん、積みゲーを消化したり、懐かしい名作なんかも紹介したいと思っておるぞ。
よろしくなのじゃ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク広告
リンク広告2
広告admax
リンク

Copyright © ゲーム仙人のゲーム解説 All Rights Reserved.